ファンクションジェネレーター

柔軟性の高いMokuシリーズのファンクションジェネレーターを使用して、最大500MHzの帯域幅で、最大4つの独立した波形を生成できます。
正弦波、矩形波、三角波、パルス波、ノイズ波、またはDC波形を選択し、さまざまなアプリケーションで最高のパフォーマンスを発揮します。
最大限の性能を引き出すには、位相、周波数、振幅、パルス幅の広帯域変調を選択するか、内部または外部ソースからのトリガーバーストやスイープを生成します。

特長

豊富な変調オプション

正弦波、矩形波、三角波、パルス波、ノイズ波、DC波形を選択でき、周波数変調、位相変調、振幅変調、パルス幅変調を実行でき、DUTを刺激するために必要な柔軟性を提供します。無線信号のシミュレーション、回路特性の評価、医療用画像診断装置のテスト用信号の生成などが簡単に行えます。

クロスチャネル変調もシームレスに実行

クロスチャネル変調機能を使えば、一方のチャネルの出力を、もう一方のチャネルの出力で変調することができます。例えば、10MHzの搬送波の位相を、1kHzで振幅変調された1kHzの三角波で変調することも可能です。

柔軟性の高いトリガオプション

入力チャネル、専用のTTLトリガーポート、またはその他の出力チャネルなど、多彩なトリガーオプションを利用して、バースト・スイープモードをトリガーすることができます。

測定ニーズに合わせてカスタマイズ可能

モータ制御からオペアンプやDACの特性評価、レーザー走査型顕微鏡まで、幅広いアプリケーションに対応できる柔軟性と性能を提供します。

アプリケーション

回路設計と特性評価

レーザー走査型顕微鏡

信号刺激

システムの同期

システムのテストとデバッグ

仕様

モデル Moku:Go Moku:Lab Moku:Pro
チャネル数 入出力 各 2 ch 入出力 各 2 ch 入出力 各 4 ch
周波数範囲 DC ~ 20 MHz DC ~ 250 MHz DC ~ 500 MHz
出力電圧 ± 5 V into 1 MΩ ± 1 V into 50 Ω ± 5 V into 50 Ω
サンプリングレート 125 MSa/s 1 GSa/s 1 GSa/s
分解能 12 bits 16 bits 16 bits
10MHz 基準クロック
入出力
無し 有り 有り
ページトップへ