周波数応答アナライザ

Mokuシリーズの周波数応答アナライザを使用すると、10MHz~500MHzの掃引正弦波出力を使用して、振幅と位相の両方でシステムの周波数応答を測定できます。
Mokuシリーズでは最大4つの入力と出力が利用できるため、差動・レシオメトリック測定を簡単に有効にすることができます。
掃引ごとに最大8192ポイントを選択し、セトリング時間や平均化時間を設定して、掃引時間全体とS/N比のバランスをとることができます。

特長

完全な特性評価のために

テスト対象のデバイスにスイープされた正弦波信号を適用し、システムの応答を振幅と位相で表示します。最大4つの入力・出力を独立して設定できるため、4つのシステムを同時にプローブしたり、1つのシステムを4つのポイントでプローブすることができます。

ワンタッチ正規化で実際の応答を確認

ケーブルやMokuデバイス自身が持つ、固有の遅延や振幅エラーを正規化することで、テスト対象システムとの振幅と位相応答を分離します。正規化トレースを保存して、システムを比較したり、誤ったケーブルシフトを除去することができます。

ボード線図でリアルタイム解析

インタラクティブなボード線図で、振幅と位相をモニターし、基本波と高調波にわたる測定を行って非線形効果を評価することができます。

柔軟性を高める演算チャネル

演算チャネルを使用して、応答関数を取得しながら、加算、減算、乗算、除算、または任意の複素数値方程式を計算します。

アプリケーション

コンポーネントの特性評価

EMIフィルターの特性評価

インピーダンス測定

電源解析

安定性解析

ページトップへ