LIQUID INSTRUMENTS

  • オシロスコープ

    オシロスコープ

  • ファンクションジェネレータ

    ファンクション
    ジェネレータ

  • 周波数応答アナライザ

    周波数応答
    アナライザ

  • PIDコントローラ

    PID
    コントローラ

  • データロガー

    データロガー

  • 任意波形発生器

    任意波形発生器

  • スペクトラムアナライザ

    スペクトラム
    アナライザ

  • ロックインアンプ

    ロックイン
    アンプ

  • フェーズメータ

    フェーズメータ

  • レーザロックボックス

    レーザロック
    ボックス

  • デジタルフィルタ

    デジタル
    フィルタ

  • FIRフィルタビルダ

    FIR
    フィルタビルダ


オシロスコープ オシロスコープ



200MHz, 2ch 入力、250MHz, 2ch 出力を同時使用できます。
出力波形は、正弦波、矩形波、三角波、パルス波、DC から選択。
例えば、矩形波を出力し、回路を通ったあとの信号波形をオシロスコープで観測する、
といった使い方が可能。
表示データから、周波数、周期、振幅といったデータを自動読み取りできます。



仕 様

サンプリングレート 500 MSa/s 入力インピーダンス 50 Ω / 1 MΩ
入力帯域幅 200 MHz 入力ノイズ < 30 nV /√Hz >100 kHzにおいて
入力範囲 -5 V ~ 5 V 出力帯域幅 300 MHz
入力カップリング AC / DC 垂直分解能 12 ビット @500 MSa/s 最大 22 ビット@1 kSa/s


主な機能

出力波形 正弦波、方形波、ランプ
数学チャネル 加算、減算、乗算、除算、XY モード、FFT など
オンボード波形発生器 最大 20 MHz、2 チャネル
トリガ デジタルI / Oを介して TTL 互換トリガ

アプリケーション

  • 信号の監視と分析
  • 回路設計と特性評価
  • 自動システムテスト
  • システムのテストとデバック

特 長

Moku:オシロスコープは、200MHz の帯域幅を持つ2つのアナログ入力チャンネルと、AC / DC カップリング、50Ω / 1MΩ 切換えを備えています。

新しいマルチタッチインターフェースにより、時間と電圧のレベルを直感的に調整することができます。
警告:Moku:オシロスコープを使用後、10分で従来のオシロスコープを使用すると、あなたを悩ませるかもしれません。

信号出力機能
正弦波、矩形波、三角波、パルス、DC 出力と同時にオシロスコープを使用できるため、一台で、測定対象の波形応答性を測定可能です。

直感的なショートカット

  • 波形をダブルタップすると、そのチャンネルが自動スケールされます。
  • 空白スペースをダブルタップすると、すべてのチャンネルが自動スケールされます。
  • チャンネルトリガポイントマーカーをダブルタップすると、電圧オフセットまたはトリガオフセットがゼロに設定されます。
  • 専用のボタンで、新しい電圧または時間カーソルを作成します。
    ヒント:ボタンを上または右にスワイプして、電圧または時間カーソルを1つのモーシ ョンに配置します。
  • 最大値 / 最小値 / 平均値や最大 / 最小値の保持などのトラッキングオプションにアクセスするには、カーソルのラベルをタッチします。
  • チャンネルの波形を長押しすると、より多くのオプションがポップアップメニューに表示されます。

さらに

ヒストグラム:フルフレームレートのヒストグラムを表示することができ、電子クロストークなどのエラーの原因を診断するのに役立ちます。

参照トレース:ライブデータと比較するために、画面上のデータのゴーストイメージを維持します。
ライブチャンネルのスケールを変更する場合は、ダブルタップすることで、このリファレンストレースを現在のスケール設定に簡単に再スケールすることもできます。

補間:滑らかな高周波信号を観測するための sin(x)/ x 補間と、シャープなフィーチャを保存するための線形補間を切り替えます。

設定サイドの引き出しは、データ収集を設定するための古典的方法を提供します。[チャンネル] タブで、入力チャンネルと数学モードの両方を含むチャンネル設定(スケール、インピーダンス、AC / DC カップリング)を調整します。波形ジェネレータを有効にすると、内部デジタルループバックを介して出力を観察するように切り替えることもできます。

時間軸タブを使用して、タイムベース、トリガ、平均化、残像設定にアクセスします。 Moku:オシロスコープは、“ノーマル” と “プレシジョン” の取得モードをサポートしています。

“ノーマル” と “プレシジョン” の取得モードの違い

Moku:Labはアナログ入力からのサンプルを500 MS / s のレートで記録します。長い時間スパンを見る際は、このサンプリングレートを減らして画面にトレースを表示する必要があります。

“ノーマル” 取得モードでは、入力は単純にダウンサンプリングされます。つまり、すべてのM番目の標本が採取されます。これにより、高周波信号のエイリアシングが発生する可能性があります。たとえば、オシロスコープのタイムベースがズームアウトされると、高周波正弦波がより低い周波数の正弦波として現れることがあります。

“プレシジョン” モードでは、入力はデシメーションされます(ダウンサンプリングの前にローパスフィルタリングされます)。これによりエイリアシングが減少し、トレースの分解能が向上します。このモードでは、高周波信号を濾波することができるので、入力に高周波信号が存在する場合でも、オシロスコープのトレースはゼロに見えることに注意してください。



技術解説動画



アプリーケーション例:オシロスコープとファンクションジェネレータを使用した光通信



ドキュメント

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るLIQUID INSTRUMENTS社 Moku:Lab へ戻る