LIQUID INSTRUMENTS

Moku:Lab

12種類の計測機能がこの1台で。新世代のマルチ計測器

Moku:Lab


マルチ計測器『Moku:Lab』は、プロ仕様の計測機能を、最大12種類搭載。
「FPGA の信号処理」と「高速アナログ 入 / 出力」を1つにした Moku:Lab なら、
今までは複数の計測器を組み合わせて行っていた作業も、
たった“1台”で解決します。



より低コストで、 より多くの測定機能を。

Moku:Lab は、高速アナログ入 / 出力を、FPGA 上でのデジタル信号処理と結合します。これにより、必要なときに必要なものを測定できる 12 の高性能計測機能にアクセスできるため、ワークフローが簡素化されます。


入力 出力 インピーダンス
入力 出力 インピーダンス
デュアル DC~
200MHz, 500MSa/s
デュアル DC~
300MHz, 1GSa/s
50Ω/1MΩ
 
入力カップリング 入力電圧ノイズ タイムベース精度
入力カップリング 入力電圧ノイズ タイムベース精度
AC / DC 30nV/√Hz@>100kHz < 500ppb

Made for iPad

操作やデータモニタは全て iPad で行います。 直感的に操作できるよう開発されたアプリ(日本語対応)により、マニュアル要らずで、すぐに使いこなせます。


Made for iPad


正確なタイミング制御

<500 ppb 精度の超安定内部発振器と、外部タイムベースとクロック同期のための10MHz 入力・出力リファレンスを備えています。



外部トリガ

TTL(1.8~5V)用に設計された専用のDC~5MHz 外部トリガ入力を備えています。一部の計測機能は、Moku:Lab のアナログ入力を高精度の外部トリガとして使用し、システムのトリガ設定をより細かく制御できるようにします。

外部トリガ

機器に制限されることのない、ラボ内での自由な移動

Moku:Lab を使用すれば、機器に縛られることはありません。実験をワイヤレスで制御し、測定値を自分の側に置いてラボ全体を自由に移動できます。


Wi-Fi
Wi-Fi

Moku:Lab を既存のWiFiネットワークに接続するか、独自のワイヤレスネットワークを構成します。

Ethernet
Ethernet

Moku:Lab の100Mbps イーサネットポートを介して有線ネットワークに接続できます。WiFi が混雑している環境では、有効な選択となります。

USB
USB

WiFi が制限された環境でも、USB 経由で、iPad から Moku:Lab を完全に制御できます。



ラインアップ・搭載機能

アイコンをクリックすると、各機能の詳細情報がご確認いただけます。


ベーシックモデル:5 機能搭載

オシロスコープ オシロスコープ ファンクションジェネレータ ファンクションジェネレータ スペクトラムアナライザ スペクトラムアナライザ
任意波形発生器 任意波形発生器 データロガー データロガー    


フルオプションモデル:全 12 機能搭載(ベーシックモデルの 5 機能に加えて、以下7機能を搭載)

フェーズメータ フェーズメータ ロックインアンプ ロックインアンプ レーザロックボックス レーザロックボックス
周波数応答アナライザ 周波数応答アナライザ PIDコントローラ PID コントローラ デジタルフィルタ デジタルフィルタ
FIRフィルタビルダ FIR フィルタ ビルダ        


個別追加オプション

ベーシックモデルに、搭載機能以外の機能も、個別に追加が可能です。

 



カラー 4色




仕 様

アナログ入力
チャンネル 2
帯域幅(-3 dB) 200 MHz into 50 Ω
サンプリングレート 500 MSa/s
分解能 12 bit
最大電圧範囲 10 Vpp into 50 Ω with 20 dB
attenuation
入力インピーダンス 50 Ω / 1 MΩ
入力カップリング AC / DC
AC カップリング
カットオフ(-3 dB)
周波数
100 Hz into 50 Ω
30 Hz into 1 M Ω
SNR 60 dBFS(サンプルあたり)
入力換算ノイズ  30 nV/√Hz > 100 kHz
コネクタ BNC
アナログ出力
チャンネル 2
帯域幅(-3 dB) > 300 MHz
サンプリングレート 1 GSa/s
分解能 16 bit
電圧範囲  2 Vpp into 50 Ω
出力インピーダンス  50 Ω
出力カップリング  DC
コネクタ BNC
外部トリガ入力
トリガ波形 TTL 互換
トリガ帯域幅  DC~5 MHz
トリガインピーダンス Hi-Z
最小トリガレベル 1.8 V
最大トリガレベル 5 V
コネクタ BNC
タイムリファレンス
オンボードクロック
周波数 10 MHz
安定度 < 500 ppb
10MHzリファレンス入力 10MHzリファレンス出力
想定波形 サイン/ 矩形 波形タイプ 矩形
周波数 10 MHz
± 250 kHz
出力周波数 10 MHz
入力範囲 -10 dBm ~
+ 10 dBm
出力レベル -3 dBm
コネクタ BNC コネクタ BNC


サイズ・各部名称




ノイズ仕様

入力電圧ノイズ

「入力電圧ノイズ」は、アナログ入力のノイズフロアを表し、振幅スペクトル密度(1 Hz 帯域幅に正規化されたさまざまな周波数での入力電圧ノイズの大きさ)として表されます。ノイズフロアより下の信号の特徴を解決することは不可能です。入力電圧ノイズは、弱い信号アプリケーションで信号対ノイズ比(SNR)を制限する可能性があるため、ロックインアンプの重要な仕様です。

ADC ノイズのないコード分解能

個々のコードを解決できなくなる分解能のビット数を参照すると、この仕様は、50Ωの終端入力で 500 MSa/sで 3 µs で測定され、ピークツーピークの「コードノイズ」に基づいて計算されます。入力が終端された ADC の出力で。

  • 単位:最下位ビット(LSB)
  • ノイズのないコード分解能= log2(2N/[6.6xσ])ここで、σはコードノイズ分布の RMS エラー(標準偏差)であり、2N は ADC の全範囲です。

ADC クロストーク

ADC クロストークは、1 つの ADC から別の ADC への干渉を指し、無線周波数(RF)クロストークが最も深刻な 120 MHz から 1 MHz まで測定されます。クロストークは、ある導電性要素(ワイヤ)から別の導電性要素(ワイヤ)への電磁放射の結合によって引き起こされます。電子回路のワイヤーはアンテナとして機能します。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るLIQUID INSTRUMENTS社製品一覧へ戻る