LIQUID INSTRUMENTS

  • オシロスコープ

    オシロスコープ

  • ファンクションジェネレータ

    ファンクション
    ジェネレータ

  • ロジックアナライザ/パターンジェネレータ

    ロジックアナライザ/パターンジェネレータ

  • 周波数応答アナライザ

    周波数応答
    アナライザ

  • PIDコントローラ

    PID
    コントローラ

  • データロガー

    データロガー

  • 任意波形発生器

    任意波形発生器

  • スペクトラムアナライザ

    スペクトラム
    アナライザ


スペクトラムアナライザ スペクトラムアナライザ



Moku:Go のスペクトラムアナライザを使用すると、
DC~30MHz の周波数領域で入力信号を観測できます。
周波数ダウンコンバージョン / FFT ハイブリッドアプローチは、
FFT ベースのスペクトル分析と比較して
ダイナミックレンジとスペクトル分解能を大幅に改善します。
100 Hz の最小スパンで、1 Hz という低い分解能帯域幅で
2つのデータチャネルを同時に表示します。スペクトラムアナライザは、
最大 20 MHz の正弦波を生成できる2つの統合波形ジェネレータも備えています。



仕 様

周波数範囲 DC~30 MHz 入力範囲 10 Vpp
周波数スパン 100 Hz~30 MHz 入力インピーダンス 1 MΩ
分解能(RBW) スパンに依存、最小 RBW は 1 Hz 出力数 2
ビデオフィルタ帯域幅 10 Hz~2.4 MHz 出力電圧 50 Ωへの出力電圧 5 Vpp
入力数 2  


主な機能

高帯域幅の入力
および出力オプション
DC~30 MHz の周波数領域でパワースペクトルまたはパワースペクトル密度を表示および記録します
測定カーソル 直感的なインターフェースを使用して、測定カーソルを目的のフィーチャにドラッグすることにより、スペクトルパワーをすばやく測定します
オンボード信号発生器 Moku:Go のアナログ出力を使用して最大 20 MHz の 2 つの正弦波を生成します

アプリケーション

  • 周波数領域分析
  • ノイズ測定
  • システム応答の特性評価
  • スプリアス信号の識別


ドキュメント

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るLIQUID INSTRUMENTS社 Mok:Go へ戻る