X1 & UV-3725
UVC 254nm 専用 殺菌用UV放射計(照度計/ 線量計)NEW

低圧水銀ランプ(波長 254nm)の放射照度(mW/cm²)および線量(J/cm²)を測定

殺菌用 UV 放射計測器 X1 & UV-3726

選定ポイント

波長 254nm の殺菌用低圧水銀ランプのみを測定する 用途にお勧めします。


UVC 放射計 機種一覧&選定ガイドPDF 428KB 日本語 Ver.1.1_2103

UV-C 殺菌消毒 (主に 254nm の低圧水銀ランプを使い紫外線殺菌照射 UVGI とも呼ばれます)は、空気と表面の消毒に効果的な手法です。たとえば、院内感染(HAI)と戦うために医療施設での使用が増えています。暖房換気空調(HVAC)システムの UV-C ランプは、結核菌やインフルエンザウイルスなどの空中浮遊病原体の感染を防ぐことができます。ポータブル UV-C ランプシステムは、病室や手術室の除染プロセスで使用されます。

経年劣化する UVC ランプの殺菌効果が維持されるようにするには、UV 線量をチェックする必要があります。そのためには適切に認定されたUV放射計で放射照度を測定することが重要です。さらに、人体が紫外線にさらされる可能性がある場合は、皮膚や目への潜在的なリスクも判断する必要があります。1 つの計測器で両方の測定を実行するには、非常に広いダイナミックレンジの UV 放射計が必要です。


UVC 254nm 低圧水銀ランプ用の放射照度検出器 UV-3725

UV-37 シリーズ検出器は、UV スペクトル範囲の放射測定用に特別に開発され、長年にわたって産業および科学用途で使われています。

UV-3725 には、光学バンドパスフィルタを備えたフォトダイオードが含まれています。このフォトダイオードは、殺菌 UV-C 低圧水銀ランプの有効スペクトル範囲でのみ高感度です。

放射照度を測定するためには、検出器の入射口(コサイン FOV 付き拡散板)を測定したい面に向けてください。拡散板とフォトダイオードは、あらかじめ UV でエージングされているので、使い始めてからの UV 放射による変質の影響を削減します。UV-3725 検出器は、集中的に使用しても、経年変化の影響はほとんどありません。変更はすべて記録されるので、推奨の年次再校正で修正されます。

UV-3725 のフォトダイオードは、数ピコアンペア(10 - 12 A)から数マイクロアンペア(10 - 6 A)の範囲で、測定信号と放射照度に厳密なリニアリティがあります。ハンディ型表示計 X1 に接続すると、0.001µW /cm² の分解能で、2000 mW /cm² まで放射照度を正確に測定できます。


校 正

絶対単位で信頼性の高い測定を行うには、国家計量研究所(NMI)規格へのトレーサビリティでの校正が必要です。1993年以来、ギガヘルツオプティック社の測定ラボは、PTB(ドイツ物理工学研究所)および DAkkS(ドイツ認定機関)により、スペクトル応答性と分光放射照度の測定に関する校正所として認定されています。すべての工場校正は、認定された校正研究所の校正標準と品質管理に密接に基づいています。したがって、同社の工場校正は、可能な限り最高レベルのトレーサビリティを提供し、長年にわたって世界中で受け入れられています。

個々の産業、研究、医療機関の要件に従って、測定ラボの一部は DAkkS により DIN EN ISO / IEC 17025 テストラボとして認定されています。ギガヘルツオプティック社はオプションで、工場証明書に加えて、UV-3725 と 表示計X1 の DIN EN ISO / IEC 17025 テスト証明書を提供できます。

測定ヘッド UV-3725 はそれぞれ、254nm でのスペクトル放射照度応答性について個別に校正されています。


ハンディ型表示計 X1

表示計 X1 は、UV-3725 検出器からの信号を計算し、測定された放射照度を絶対単位(mW/cm²)で表示します。低圧水銀ランプ 254nm に関連する安全規格 ICNIRP/ACGIH/ IEC 62471 の危険放射照度値(µW / cm²)でも表示します。内蔵の信号アンプは、検出器の広いダイナミックレンジをサポート します。放射照度に加えて、線量は J/cm² で表示することもできます。X1 には「ピークホールド」表示機能もあります。2つの単三電池を収納して、人間工学に基づいた表示計のハウジングは、モバイルでの使用を想定しています。別売りのユーザソフトウェア S-X1 を使えば USB インタフェイスを介して PC から測定器を操作することもできます。ソフトウェア開発キット(S-SDK-X20)を使用すると、測定デバイスをユーザのソフトウェアに統合できます。

UV-3725 検出器のスペクトル感度(一般値)

UV-3725 検出器のスペクトル感度(一般値)



検出器 UV-3725 の良好なコサイン応答性

検出器 UV-3725 の良好なコサイン応答性



UVC 254nm の放射照度と線量を測定するための UV放射計 X1 & UV-3725

UVC 254nm の放射照度と線量を測定するための UV 放射計 X1 & UV-3725

全 般
説 明 殺菌用低圧水銀ランプ 254nm の UV 放射計
主な特長 着脱式の検出器を備えたモバイル測定器。
使いやすく、殺菌用の高い放射強度からリスク評価用の低い放射レベルまで広い測定範囲をカバー
測定範囲 254nm 低圧水銀ランプで 0.004µW /cm² から 2000mW /cm²
主な用途 空気中や表面の紫外線殺菌照射 UVGI の評価
校 正 254nm での絶対校正
測定ヘッド UV-3725
波長感度 UV-C 254nm
応答性(一般値) 5E-5 A/ (W/cm²) @ 254nm
ハウジング Ø37mm、高さ 21mm
入力光学系 Ø8mm 拡散板ウインドウ、f2 ≦3%
ケーブル長 2m
温度範囲 (5~40)°C
温度係数 -0.0595 %/K
表示計 X1
ピークホールド機能付きの放射照度 mW/cm² および線量 J/cm² を表示するためのハンドヘルドメータ
電 源 単三電池 2 本~250 時間動作(バックライト付ディスプレイ OFF 時)
USB インタフェイスからの給電
インタフェース USB(HID デバイス)          
温度範囲 動作時:5~40°C 保管時:-10~50°C
表 示 液晶グラフィックディスプレイ 97 x 32 ピクセル
ディスプレイエリア 14.3mm x 35.8mm
切り替え可能な LED バックライト
フロントパネル制御 3ボタン、メニューシステム
外形寸法 145mm x 63mm x 30mm
重 量 150 グラム
型 番 モデル 説明
15312097 UV3725-5 UV-C 検出器、工場による校正証明書付き
15312065 X1-5 表示計、2 x 1.5V 単三電池、USB ケーブル、マニュアル
15312791 UV-37253727FOV80 80° 視野角のアダプタ
15312782 UV-37253727BRACKETMOUNT UV-3725 測定ヘッド用のブラケットマウント、M6 ネジ穴付き
15297539 BHO-11 X1 表示計と UV-3725 検出器を収納するハードケース
15312240 KP-UV3725X1-E-I 校正オプション、DIN EN ISO/IEC 17025 試験証明書(DAkkS 認定)254nm 水銀ランプでの校正
再校正
15300518 K-UV3725-S 検出器 UV-3725 の再校正、工場による校正証明書付(ドイツの校正ラボにて実施)
15300671 K-X11-C 校正済みの電流源を使用し、表示計 X1-5 の電流校正と調整、
工場による校正証明書付(ドイツの校正ラボにて実施)
15311967 KKP-UV3726X1-E-I 検出器 UV3726 と表示計 X1 の再校正
DIN EN ISO/IEC 17025 試験証明書(DAkkS 認定)
254nm 水銀ランプでの校正(ドイツの校正ラボにて実施)
ソフトウェア
15298071 S-X1 X1 表示計用のユーザソフトウェア
15298071 S-SDK-X20 ソフトウェア開発キット

低い照度レベルを測定するときのヒント

低い照度レベルの UVC 光を測定するときは以下の設定をお勧めします。

  • 積算時間を長めに設定。できれば 1秒に設定してみてください。
    操作:表示計 X1 Main menu > Setup > Integration > 時間を設定
  • Zero Adjust を実行。表示計 X1 内部の回路の影響をリセットします。
    操作:表示計 X1 Main menu > Setup > Zero Adjust(表示計 X1-5 をリスタートする時も自動的に Zero Adjust が実行されます)
  • Offset調整を実行。暗信号、または暗信号+周囲の光をリセットします。
    暗信号のリセットは、測定ヘッドに保護キャップをつけた状態で行います。
    操作:表示計 X1 Main menu > Offset=0
  • 暗信号+ 周囲の光のリセットは、測定ヘッドの保護キャップを外し、測定対象の UV 光源を OFF にして
    周囲の光が安定している状態で Offset を実行してください。
    操作:表示計X1 Main menu > Offset=CW

※注意 > Offset=CW を実行すると周囲の光の測定量を次回の測定値から差し引いて表示します。
 ノイズとなる周囲の光量が不安定な状態では Offset=CW を実行しないでください。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るGigahertz-Optik 社の製品一覧へ戻る