高精度光学式測定器

オプトメータ(表示ディスプレイ)P-9710 

P-9710-1、P-9710-2、P-9710-4:CW、
シングルパルス および 変調放射の測定用のオプトメータ

* ISD-1.6-SP-Vxx ディテクタ用には、
P-9710-2 または P-9710-4 を選択ください。

P-9710-1–高品質の光測定のための多機能ライトメータ

P-9710-1 オプトメータは、Gigahertz-Optik がモバイル用に設計した高品質のデバイスです。内蔵のシグナルアンプは、2 mA までのディテクタの電流を広いダイナミックレンジで増幅します。ノイズに相当する電流信号は、0.1 pA と低いです。このデバイスには、手動または自動で選択して信号レベルに合わせて調整できる8つのゲイン範囲があります。


可変積分時間

P-9710-1 オプトメータの特徴的な特性の1つは、約 100 µs の範囲の入力アンプの短い積分時間です。これにより、平均化を伴う複数の測定により信号ノイズを低減できます。また、100 µs の積分時間により、他の多くの測定機能を実行できます。

  • CW 測定モードで積分時間を調整可能
  • ノイズ調整した CW 測定(peak-to-peak)
  • ピーク値測定
  • 短い光パルスのパルスエネルギ測定
  • 線量測定
  • 最大 12000 測定の高速データロガー

フォトメータ、ラジオメータ、UV メータ、レーザ強度メータ

オプトメータとして使用するために、P-9710-1 は、測光および放射測定用に提供されているすべての検出器ヘッドと組み合わせることができます。接続するディテクタヘッドにより、測光または放射測定のサイズと測定範囲が決まります。Gigahertz-Optik は、さまざまな測定タスクに対応する幅広いディテクタヘッドを提供しています。オプトメータの信号入力アンプは、さまざまな感度と光放射強度を持つ検出器にデバイスを調整するために、非常に広いダイナミックレンジを提供します。ディテクタの個々の校正データは、検出器側の専用データプラグに保存されます。


シンプルで安全なディテクタヘッド交換

校正データプラグ付きの検出器ヘッドを P-9710-1 オプトメータに取り付けると、そのキャリブレーションデータとデバイス設定が自動的に適用されます。これにより、測定ヘッドの交換から生じる可能性のある不適切な操作が基本的に排除されます。


リモート操作

P-9710-1 オプトメータは、RS232 インターフェイスを介して PC に接続できます。


光測定と光分析

P-9710-1 オプトメータには 18 種類の測定モードがあり、使いやすいメニューを使用して簡単に選択できるため、多機能アプリケーションが可能になります。


P-9710-2 オプトメータ – パルスストレッチング法を
使用した短パルスの線量測定

P-9710-1 とは異なり、P-9710-2 オプトメータには、8つのゲイン範囲すべてで 20 ms の標準時定数があります。したがって、1 ns よりも短い光パルスは 20 ms に引き伸ばされます。引き伸ばされたパルスのパルスエネルギは、オプトメータの 100 µs のサンプルレートで正確に測定できます。


P-9710-4 オプトメータ – 短い光パルスの同期測定のための多機能ライトメータ

オプトメータ P-9710-2 と同様に、P-9710-4 にも8つのゲインレベルすべてで 20ms の標準時定数があります。キーボードから手動で開始するほか、トリガ入力から線量測定をリモートで開始することもできます。

図1:シングルチャンネルオプトメータ P-9710-2 を備えた ISD-1.6-SP-V02 検出器

P-9710-4 は、リモート制御による測定のトリガのための
トリガ入力を提供します。


オプトメータ P-9710 は、電源、キャリブレーションデータプラグ付きの検出ヘッド、および RS232 インターフェース(左から右)への接続を提供します。

オプトメータ P-9710 は、電源、キャリブレーション
データプラグ付きの検出ヘッド、および
RS232 インターフェース(左から右)への接続を提供します。

概 要
測定量 アンペア(絶対校正された)、光測定の単位は使用する検出器ヘッドによる。
百分率による割合、対数、または係数として。
P-9710-1 モバイル用の高品質のオプトメータ。
8つのゲインレベルで立ち上がり時間を変更できるトランスインピーダンスアンプ。
主に CW 測定で使用されます。
P-9710-2 オプトメータ P-9710-1と同等ですが、8つのゲインレベルすべてで 20 ミリ秒の時定数を備えています。
主にシングルパルスのパルスエネルギの測定に使用されます。
P-9710-4 オプトメータ P-9710-2 と同等で、パルスエネルギ測定ための同期用トリガ入力が追加。
仕 様
ディスプレイ 英数字 LCD ディスプレイ、各 16 文字の 2 行、文字の高さ 5 mm、
LED バックライトのオンとオフを切り替えることができます。
検出器インターフェース 9 ピン D-SUB
アナログ出力 信号増幅器の入力電流に対応する出力電圧。接続プラグ:TRIAD01 5 pin(Tyco)
信号増幅器 電圧増幅器を直列に接続したトランスインピーダンス増幅器。
手動と自動の両方で測定範囲を選択できる合計8つのゲインレベル。
CW統合時間 100 μs ~ 5.9999 s
パルス積分時間 10 m s~ 199.99 s
オフセット補正 補正範囲を超える
パラメータ調整 RS232 経由 または 前面のコントロールパネルを使用。
設定は永続的に保存されます(EEPROM)。10 種類の設定を保存できます
校 正 検出器のコネクタ(EEPROM)に保存されます。
最大 250 の値を持つスペクトル感度のキャリブレーション値の表がサポートされています。
2つの波長ポイント間の補間も可能です。
キーパッドを介したキャリブレーション値の手動入力も可能です。
データ・ロガー 最大 12288 エントリ、フラッシュメモリに永続的に保存
キーパッド 10 個のボタン、メニューガイド付き
測定範囲 8(2.000 mA から 0.1 pA)手動または自動で範囲設定
範囲 (A/V) 最大範囲 スルーレート
(10-90%)
P-9710-1
スルーレート
(10-90%)
P-9710-2/-4
ゲイン誤差*)
±オフセット誤差
(@ 20°C)
ゲイン (A/V)
アナログ出力
1x10-3 ±2.000mA 2ミリ秒 20ミリ秒 0.2%±0.001 mA 1x10-3
1x10-4 ±200.0 µA 2ミリ秒 20ミリ秒 0.2%±0.1 µA 1x10-3
1x10-5 ±20.00 µA 3ミリ秒 20ミリ秒 0.2%±0.01 µA 1x10-5
1x10-6 ±2.000 µA 3ミリ秒 20ミリ秒 0.2%±0.001 µA 1x10-5
1x10-7 ±200.0 nA 4ミリ秒 20ミリ秒 0.2%±0.1 nA 1x10-7
1x10-8 ±20.00 nA 4ミリ秒 20ミリ秒 0.2%±0.01 nA 1x10-7
1x10-9 ±2.000 nA 10ミリ秒 20ミリ秒 0.5%±2 pA 1x10-9
1x10-10 ±200.0 pA 10ミリ秒 20ミリ秒 0.5%±2 pA 1x10-9
その他
電 源 充電式バッテリ、バッテリ容量:3.7 V、1400 mAh
充電式バッテリ、バッテリ容量:6 V、500 Ah(2017 年以前のバージョン)
動作時間:ディスプレイバックライトをオンにした状態で 5 時間、
ディスプレイバックライトをオフにした状態で 12 時間
プラグイン電源ユニット用の 5.5 mm / 2.5 mm / 9.5 mm ソケット
インタフェース RS232(9600 ボー、8 データビット、1 ストップビット、パリティなし)
プラグ:TRIAD01(Tyco)
温度範囲 動作時:(5 〜 40)°C
保管時:(-10°C 〜 50)°C
寸法 195 mm x 100 mm x 40 mm / 500 g

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るGigahertz-Optik 社の製品一覧へ戻る