AnMo Electronics

倍率ごとの観察画像

マイクロスコープの倍率は絶対倍率ではありません。モニタのサイズで倍率が変わる、相対倍率となります。
Dino-Liteの拡大倍率は約20インチのモニタを使用して、対象物を「フル画面表示」に表示した場合の拡大率を基準としています。

例えば、Dino-Liteの画像を、より大きなモニタで映し出す場合には、
そのモニタのサイズに比例する大きな画像が得 られます(実測の拡大率は上がります)。

Dino-Liteは光学ズームなので、倍率を上げてもより鮮明な観察結果を得ることができます。
専用ソフトDinoCapture2.0上ではデジタルズーム8倍まで拡大できるので、さらに倍率を高くして観察することも可能となります。


デジタルズームイメージ

デジタルズームイメージ

市場のデジタルマイクロスコープの中には、倍率1000倍!
9,800円等と謳っている製品がありますが、そういった大半のものがデジタルズームの倍率表記の為、
拡大すると画像が粗かったり、業務として使用するには画像が不鮮明でなかなか厳し いという意見もあるようです。
Dino-Liteの場合、光学ズームを採用しておりますので、最大900倍のモデルでも鮮明な観察結果を得ることができます。


デジタルズームイメージ




  • モデル選定方法
  • 各種機能説明
  • 用途別オススメ機種
  • お客様の導入事例
  • 倍率ごとの観察画像
  • 焦点距離と撮影範囲
  • ソフツウェア・アプリについて

  • 総合カタログ
  • 取扱い製品一覧


製品一覧へ戻るAnMo Electronics社の製品一覧へ戻る