回路量子電気力学

目 的: 超伝導回路の量子状態を初期化、操作、および読み取ります。
利 点: 信号の生成と検出を統合すると、同期が改善され、
セットアップが簡単になります。
関連製品: UHFLI ロックインアンプUHF-AWG 任意波形発生器
UHF-DIG デジタイザUHF-MF マルチ周波数オプション
追加のリソース: 超伝導量子ビットの特性評価超伝導量子ビットのアクティブリセット

回路量子電気力学(cQED)は、オンチップ超伝導共振回路(いわゆる量子ビット、キュービット)
を使用して数値計算を高速化することを目的としています。
cQED 実験では、UHFハードウェアは、前例のない速度でのデジタルホモダイン検出だけでなく、
直交(I / Q)パルス生成のための高度な変調機能を備えた任意信号生成を提供します。

典型的な cQED 実験の2つのフェーズは、次のツールを使用して実行されます。

  • キュービット制御(準備およびゲート操作):UHF-AWG は、独立したエンベロープおよび
    キャリア制御により、任意のデュアルチャネルI / Q変調パルスを生成します。
  • キュービット読み出し:UHF-DIG デジタイザを備えた UHFLI は、30 ns の時定数と
    大きなデータスループットでパルスキュービット読み出しを可能にします。

すべてのツールは LabOne ユーザインターフェースに完全に統合されており、
LabVIEW、Python、Matlab への簡単な統合をサポートしています。
内部クロスドメイントリガにより、準備および測定フェーズの同期が簡素化され、
決定論的キュービットリセットおよび量子エラー訂正のための超高速フィードフォワードプロトコルを
実行する可能性が開かれます。



回線QEDのセットアップ

キュービットチップはクライオスタット内に取り付けられています。
キュービットとの間で送受信される信号は、マイクロ波領域(5〜10 GHz)にあります。
UHFLI は、ベースバンド 0〜600 MHz の信号を生成および分析します。
アナログミキサを使用して、アップコンバージョンとダウンコンバージョンを実現します。


回線QEDのセットアップ



このアプリケーション用の
UHFLI ロックインアンプ
の主な機能

  • 中間周波数 I / Q チャネルパルスを生成するための UHF-AWG 振幅変調
  • 30 ns の復調時定数
  • シーケンス分岐のための UHF-AWG と UHF-DIG 間のクロスドメイントリガ
  • UHF-DIG によるセグメントメモリと高速データストリーミング

製品一覧へ戻るZI 社のロックインアンプの主な応用へ戻る