コヒーレントラマン顕微鏡
(CARS、SRS)

用 途: ポンプ&プローブ顕微鏡、コヒーレントラマン顕微鏡、
コヒーレント反ストークスラマン分光法(CARS)、誘導ラマン散乱(SRS)、
非線形吸収顕微鏡法、二光子吸収、過渡吸収、ビデオレート分子イメージング

コヒーレントラマン顕微鏡法および非線形吸収顕微鏡法は、レーザのスペクトルノイズが小さく、
検出におけるバックグラウンドの寄与を回避できる MHz 範囲の信号変調により測定感度を
向上させます。
イメージングコントラストは、特定の分子の特徴的な分光特性、
つまり特定の内部エネルギレベル構造に基づいています。
この分光指紋は、特定の分子の空間分布を示す画像を生成する
非線形光と物質の相互作用によって選択的にプローブされます。
誘導エネルギ遷移は、用いる技術によって、赤外領域の分子結合の振動共鳴、
または可視領域の分子電子遷移となります。


目 的: ロックインアンプと MHz 範囲の基準周波数を使用して信号復調を実行し、
高速でのスキャン / イメージングを可能にする。
利 点: ビデオレートSRS、CARS、および吸収顕微鏡アプリケーション向けの
すぐに使用できるソリューション、アナログ信号検出と比較して2倍の検出精度の向上
関連製品: HF2LI ロックインアンプ


HF2LI 誘導ラマン散乱顕微鏡のセットアップ

回線QEDのセットアップ



このアプリケーション向けの
HF2LI ロックインアンプ
の主な機能

  • 2つの独立した信号の復調のための統合ソリューション
  • 780 ns の最小時定数と 1 MS / s の信号出力を備えた高速信号取得
  • 120 dB の復調器ダイナミックリザーブ
  • LabVIEW、MATLAB、Python、C ++ のクラス最高のプログラミングサポート

この文書の内容は、第三者が所有する知的財産を指す場合があります。


製品一覧へ戻るZI 社のロックインアンプの主な応用へ戻る