HOME取扱製品検査・測定機器・センサセンサ>Xarion Laser Acoustics GmbH

レーザマイクロホン

既存の工業用マイク、AEセンサでは不十分と考えられている方々へ、
振動膜を使用しない非接触式のレーザ光学式高性能マイクロホン

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

    正面

  • 拡大

    上面

  • 拡大

    下面

  • 拡大

    背面

これまでの工業用マイクロホン、接触型の AE センサの感度をはるかに超える音響センサです。

独自技術によるセンサプローブは、機械的に稼働する構造を持たずに大気中(水中)を伝搬する音波を捉えることができます。

レーザを使用した全く新しいマイクロホンです。

  • 完全非接触で使用できるセンサプローブ
  • 10Hz~1MHz までの広い周波数帯域
  • センサプローブは、電気的、磁気的、機構的に動く部品類は使用していません。
  • 水中で使用できるモデルあり
  • プロセスモニタリング
    • 音響の変化をモニタしたレーザの焦点位置合わせ / レーザ溶接侵入深さ
    • ガラス / セラミックス等の加工中のクラック検出
    • 加工機器の診断  など
  • 超音波 / 音響による非破壊検査(NDT)
    • 溶媒のサポートなし、大気中での超音波探傷
    • 金属、樹脂、FRP などの内部欠損検出 など

例えば、レーザによる加工プロセス(ダイシングやウェルディング)の際に発する音波は、
外乱(エアーブローやマシンからのノイズ:~200KHz 程度)等で埋もれてしまいます。
レーザマイクロホンは、こうした低い周波数帯域での検出ではなく、
~1MHz までの周波数での観察を目的とした画期的なマイクです。
まだ見ぬ、感じ取れない異常音を超音波領域で検出可能です。



騒音環境下で芯を破壊した際の音波スペクトラム

上記 音波スペクトラム - 詳細

媒質中を伝搬する音波は縦波です。
伝搬方向に対してごくわずかな空気の疎密を作りながら進んで行きます。
Xarion 社のセンサプローブは、ファブリぺローエタロン構造を持っており、このわずかな空気の
疎密をレーザの強度変化へと直接変換できます。
一切の機構部品をセンサプローブに使用しない Xarion の製品は、これまでの AE センサや
マイクロホンでは不可能であった 10Hz~1MHz までの広い可聴範囲を一台で実現しています。

原理


製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。