OPHIR OPTRONICS

Helios / Helios(イーサネット/IP対応)
工業用オートメーション用
レーザパワーメータ

50W~12000W

  • 拡大

    カバー開放時

  • 拡大

    カバー閉塞時 正面

  • 拡大

    カバー閉塞時

Helios はレーザの照射時間を 0.3 秒~数秒に設定して入射することで、エネルギと露光時間を計測し入射パワーを計算すること で、最大 12kW まで高出力レーザのパワー測定が可能です。露光エネルギ量を 5kJ 以下にすることで水冷却が不要となったため、センサはコンパクトになりました。

センサは本体の防塵性によりクリーンな状態を維持し、保護カバーは未使用時にセンサを保護できるようにリモート制御で開 閉が行えます。またプロテクトウィンドウは高出力ビームの反射光を軽減させるため、AR コーティングが施されています。

Helios には、Profinet および RS232 通信、またイーサネット / IP および RS232 通信の2つのバージョンがございます。簡易測定が可能 なソフトウェアが付属され、ユーザのシステムへ容易に構築できます。

電源と RJ45 のポートは2箇所あり、容易に既存のシステム系統に組み込みができるほか、RS232 通信でも同様に制御可能です。

  • 水冷不要
  • 最大測定出力 12,000W
  • Profinet / イーサネット / IP および RS232 インターフェース
  • リモート駆動 保護カバー

Helios は工場における、生産現場の自動化(ファクトリオートメーション)を
念頭に設計された製品です。
Helios レーザパワーメータは、Profinet または RS232C 通信に対応しています。
専用ソフトも付属しており、システムへのインテグレーションも容易に行えます。

Helios は自動化されたプロセスの中の、

  • 品質管理
  • 品質改善
  • レーザ効率の向上

などの生産活動に最適です。

吸収体 LP2 型 吸収率~94 %
パワーレンジ 50 W ~ 12 kW
エネルギレンジ 100 J ~ 5 kJ
照射時間(下記仕様参照) 0.3 ~ 4 s (a)
波長 860 ~ 1100 nm (b)
口径 50 mm
最大ビーム径 35 mm
最大エネルギ密度 4 kJ/cm²
校正精度 ± 3% (c)
出力直線性(エネルギ) ± 1.5 % (d)
再現性 ± 1 %
応答速度 3 s
次回測定までの時間 12 s
冷却が必要になるまでの
最大露光エネルギ量
露光エネルギが 30 kJ に達すると、最大動作温度の 60℃となります。(例: 5000 W を 1 秒間、6 回照射した場合)
次回 5 kJ を 照射するまでの冷却時間は 3 分となります。
電源 24 VDC ± 5%, 最大 5 A(デイジーチェーン)
パワー消費量 24 VDC ± 5%, 最大 2 A
PC 通信 Profinet, RS232 / イーサネット / IP, RS232
寸法(L× W×H) 200 × 100 × 84 mm(カバー閉塞時)
200 × 123 × 144mm(カバー開放時)
マウント穴 位置 マウント穴 6.6 mm / スペース90 × 190 mm
重量 2.5 kg
動作温度 10~60 ºC
湿度 10~80 %
推奨露光時間とビーム径
(ガウシアンビームでの 1/e²)
レーザパワー 推奨露光時間 1/e² での最少 ビーム径
50 W 2 s 9 mm
100 W 2 s 9 mm
500 W 2 s 9 mm
1,000 W 1 s 9 mm
2,000 W 1 s 12 mm
5,000 W 1 s 18 mm
10,000 W 0.3 s 22 mm
12,000 W 0.3 s 25 mm
接続 RJ45 工業用 Ethernetコネクター×2,
Han PushPull Power Metal 24V 電源接続 (e)× 2
DB9 RS232 通信×1, LEDインジケーター×7
カバー 電動カバー
アクセサリ 1.Helios用電源ケーブル(P/N 7Z10458)
2.Profinet / イーサネット / IPプラグ RJ45 IP67 ケーブ
   (P/N 7E01295 / 7E01296)
3.D9F - D9MシールドRS232ケーブル 10m(P/N 7E01209)
4.Heliosウィンドウ交換キット(P/N 7Z08332)
コンプライアンス CE, 中国 RoHS
製品番号 7Z02768 / 7Z02789

注釈

(a) 繰り返しのあるパルスレーザでも仕様に記載されている露光時間内であれば測定可能です。
(b) 波長が 780~860 nm の場合、追加誤差は±2%です。
(c) エネルギと露光時間の測定をしてパワーを算出しています。(矩形パルスと仮定しています。)
(d) パルス幅は 0.3-4s です。
(e) 外部パワー電源はHelios本体の右側のジャックに接続してください。左側のコネクタはその他のデバイスに電源接続する際に
  ご使用ください。(リング / ライントポロジ)左側を未使用時は防塵カバーによりクリーンな状態を保ちます。

データシート

ユーザガイド
ヘリオス ハイパワーレーザ対応パワーメータ

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻る OPHIR社のレーザ計測機器一覧へ戻る