iFLEX-iRIS レーザシステム

iFLEX-iRIS レーザシステム

小型で安定性に優れたダイオード及び DPSS レーザシステムです。出力安定性に優れたレーザなので計測や蛍光励起用に最適です。発振波長のラインナップは 375~852nm、パワーレベルは 200mW までです。空間ビーム出力とファイバカップル出力オプションがあります。


閉ループ制御により優れた出力安定性を実現

iFLEX-iRIS シリーズは自動閉ループフィードバック制御により、すべての動作モード(CW / アナログ変調/デジタル変調)で出力の安定化が図られています。


フリースペース出力とファイバ出力

kineFLEX ファイバデリバリシステムによる高効率の偏波保持シングルモードファイバ出力は、ビームの位置安定性をさらに向上させます。頑丈な調整機構は精密なアライメントを保持して、ファイバの着脱を繰り返しても同じ出力を再現します。

特 長

  • どの発振波長でも同一の小型ハウジング
  • 非常に優れた出力安定性
  • 低ノイズ
  • シングルモード、直線偏光ビーム
  • フリースペース or ファイバ出力オプション
  • CW モード、アナログ変調モード、デジタル変調モード
  • 制御エレクトロニクスとTECを内蔵したレーザヘッド
  • 別売りの CDRH 対応電源(OEM 用電源も供給可)

用 途

計測、フローサイトメトリ、共焦点 及び レーザ走査顕微鏡システム、TIRF、DNA スクリーニング、ゲノミクス、眼科用途

仕 様

波 長 375, 405, 445, 458, 473, 488, 505, 515, 520, 633, 640, 647, 660, 670, 730, 780, 852 nm
出 力 ≦ 220 mW(各波長のモデルごとに出力が異なります。詳細はデータシートをご確認ください)
出力ビーム 0.7 ± 0.2 nm
ビームの真円度 ≦ 1:1.2
空間ビームモード TEM00, M2 < 1.2 typ
出力安定性(8 時間) < 0.5 %
RMS ノイズ(20 Hz~20 MHz) < 0.05 %
レーザヘッド(mm) 70L x 40W x 38H

※仕様は変更される可能性があります。ご注文前に確認ください。

ダウンロード

PDFiFLEX-iRIS (フリースペース出力) データシート

PDFiFLEX-iRIS(ファイバ出力) データシート

PDFiFLEX レーザシリーズ カタログ

PDFiFLEX-iRIS マニュアル

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るQIOPTIQ社のiFELX レーザシステム 製品一覧へ戻る