iFLEX-Viper マルチラインレーザエンジン

iFLEX-Viper マルチラインレーザエンジン

iFLEX-VIPER は複数の波長を1本のファイバから出力するレーザです。 最大5波長のレーザを1本の偏波保持シングルモードファイバに結合できます。

アクティブ温度コントロール機能により、システムはモードホップフリーで波長安定性に優れています。出力の安定性は閉ループ制御により長時間にわたって保証されます。 各波長ごとに独立して出力調整と直接変調ができます。ユーザによる内部のレーザモジュールの光軸調整は不要です。

  • 最大5波長まで1台に搭載可能
  • 優れた出力安定性
  • 選択波長:405, 445, 488, 532, 561, 640 nm

血液分析、DNA シーケンサ、フローサイトメトリ、顕微鏡、計測

選択波長 405, 445, 488, 532, 561, 640 nm
光学出力安定性 < 2 %(8時間)
アナログ変調 3 MHz
中心波長公差 ± 5 nm
ヘッド部寸法 455L x 335W x 84H mm

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るQIOPTIQ社のiFELX レーザシステム 製品一覧へ戻る