FIRST LIGHT Imaging

C-RED 2
超高速/超低暗電流 SWIR カメラ デモ機有り

微光環境の長時間露光 SWIR イメージングに最適!

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

C-RED 2は画期的な超高速低ノイズ短波長赤外線カメラで、読み出しノイズを30 electrons未満に抑え、600 FPSで撮影することができます。

この性能を実現するために、C-RED 2は高解像度の15 μmピクセルピッチの640 x 512 InGaAs PINフォトダイオード検出器を内蔵し、5 μsより短い露光時間の電子シャッターを内蔵しています。

C-RED 2は、最大60秒の長時間露光とハイダイナミックレンジ:93 dB、本当の16ビットのための暗部最適化を提供します。

ハイエンドの低照度SWIRアプリケーション用に設計されたC-RED 2は、科学、研究、産業に新たな可能性を提供します。


主な特長

  • フルフレーム時最大600 FPS
  • < 30 e-の超低読み出しノイズ
  • 93 dBのダイナミック レンジと真の16 ビット撮影
  • 最大数分間の長時間露光の為のダークノイズの最適化

活用が期待される分野

  • 天文学
  • ライフサイエンス/リサーチ
  • 産業
  • 監視/安全
  • 芸術品調査

小動物の近赤外イメージング(その1)

マウス(腹側)におけるICG造影剤の生体内分布の0~40秒後までのリアルタイムイメージング

小動物の近赤外イメージング(その2)

マウス(後頭部)の生体内注射後のICG造影剤の生体内分布のリアルタイムイメージング

FEATURES* | 特長* Result | 結果 Unit | 単位
Sensor size | センサーサイズ 640 x 512 pixels
0.3 Mp
Pixel pitch | ピクセルピッチ 15 µm
Maximum speed Full Frame | 読み出し速度(フルフレーム時) 600 FPS
Readout Noise at high gain, Tint @ 50 µs, 600 FPS Full Frame|
読み出しノイズ(High ゲイン、露光時間 50 µs、600 FPS、フルフレーム時)
< 30 e-
Dark Current @ -40°C | 暗電流 @ -40°C < 600 e/p/s
Quantization | デジタル出力 14 bit
Flat Quantum Efficiency 1.0 to 1.65 µm | 量子効率(1.0 ~ 1.65 µm 間) > 70 %
Operability due to signal response (pixels with signal ± 0.3*median at 20°C) |
欠陥のない画素の割合(20°C)
> 99.8 %
Image Full well capacity at low gain, 600 fps | 飽和電荷量(Low ゲイン、600 FPS 時) 1400 ke-
Image Full well capacity at med gain, 600 fps | 飽和電荷量(Med ゲイン時、600 FPS 時) 128 ke-
Image Full well capacity at high gain, 600 fps | 飽和電荷量(High ゲイン時、600 FPS 時) 33 ke-
Maximum speed in 32 x 4 (min) pixels | 読み出し速度(32×4 画素) 32066 FPS
Maximum speed in 320 x 256 pixels | 読み出し速度(320×256 画素) 1779 FPS

* Average values observed|平均値

ADDITIONAL FEATURES|その他の機能
インターフェース: USB 3.1 Gen 1、CameraLink®
レンズマウント: Cマウント
LVTTL / LVDS 同期
HDR : 93 dB and 16 bits
最大1分までの長時間露光最適化
ソフトウェア: GUI: First Light Vision SDK:(C、C++、C#、Python、MatLab)/ LabVIEW / μManager / Halcon

外形寸法図拡大

質問をクリックすると回答がご覧になれます。

カメラの廃棄方法について事前に教えてください。
First Light 社にて適切な方法で廃棄を行います。
まずは、当社までお送りください。(別途お見積りいたします)
センサーはどこのメーカーのものを使用していますか?
SOFRADIR 社の SNAKE-SW というセンサーを採用しています。
製品の図面はありますか?
マニュアルの 10~11ページに図面が掲載されていますので、
そちらをご参照ください。
マニュアルは本ウェブサイトにアップロードされています。
CameraLink で使用予定です。推奨のグラバーボードを教えてください。
以下のグラバーボードは動作確認が取れている推奨製品になります。
MATOX Radient eV-cl full
使用する PC の推奨 OS を教えてください。
USB3 で接続する場合、Windows 10 が推奨されます。
Windows 7 は USB3.0 を元々サポートしていません。
デモソフトとはなんですか?
付属する GUI(Graphical User Interface)です。
本ソフトにて、C-RED 2 の有する ほとんどの機能、パラメーターを
コントロールすることが可能です。
デモソフトは本体のマニュアルとは別に専用マニュアルがあります。
保存できるデータ形式はなんですか?
Bitmapで保存は可能でしょうか?
保存可能な形式は Raw データのみとなります。
付属のデモ用ソフトウェア以外で解析を行いたい場合は、
imageJ や Matlab のなどの画像処理が可能なソフトウェアで取込み、
変換処理を行ってください。
パソコンの推奨スペックを教えてください。
  • OS:Windows 10
  • CPU:Core i 5 以上
  • メモリ:8 GB 以上
  • ディスプレイ:1920 x 1080 以上
※ノート PC で使用する際は、Bios のパワーマネジメントの設定を
 変更する必要があります。詳しくは当社までお問合せください。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ちください。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るFIRST LIGHT Imaging社の製品一覧へ戻る