FIRST LIGHT Imaging

C-RED New Space
衛星搭載用SWIRカメラコアNEW

  • C-RED New Space 衛星搭載用SWIRカメラコア拡大
  • C-RED New Space 衛星搭載用SWIRカメラコア
  • C-RED New Space 衛星搭載用SWIRカメラコア
  • C-RED New Space 衛星搭載用SWIRカメラコア
  • C-RED New Space 衛星搭載用SWIRカメラコア
  • C-RED New Space 衛星搭載用SWIRカメラコア

最新のイノベーションをご紹介します。C-RED New Spaceは、卓越した光学性能を維持し、宇宙運用の過酷な条件に耐えるよう特別に設計されたSWIRカメラコアです。

衛星搭載用として認可されたセンサーをベースとし、宇宙用に設計されたエレクトロニクスを搭載したこのソリューションは、高速レーザービーム検出(自由空間光通信、ビーコンビーム追跡)から地上観測、温室効果ガス検出まで幅広い分野に対応可能です。
First Light Imaging社は、ハードウェア、エレクトロニクス設計、ファームウェアの両方で高度なカスタマイズを提供することが可能です。

現在進行中の複数のプロジェクトで、C-RED New Spaceソリューションはすでに衛星搭載機器として組込に成功しています。


主な特長

  • カスタマイズ可能なSWIRカメラコア
  • スペースに合わせた設計
  • 衛星光学機器への組み込みが容易なボードレベル
  • フルフレーム時最大600 FPS
  • < 30 e-の超低読み出しノイズ

活躍が期待される分野

  • 地上観測
  • ガス検知
  • データ通信
  • 宇宙探査
  • キューブサット
  • 自由空間通信
FEATURES* Result Unit
Sensor size 640 x 512 pixels
0.3 Mp
Pixel pitch 15 µm
Quantization 14 bit
Readout Noise at high gain, Tint at 50 μs, 600 FPS Full Frame at 5°C < 30 e-
Flat Quantum Efficiency (1.0 to 1.65 μm) > 70 %
Operability due to signal response (pixels with signal ± 0.3*median at 20°C) > 99.8 %
Image full well capacity low gain 1.4 Me-
Memedium gain 115 ke-
kehigh gain 34 ke-
Framerate full frame 600 FPS
32 x 4 (min) pixels 32066 FPS
320 x 256 pixels 1779 FPS

* Typical values

ADDITIONAL FEATURES
Data interface: CameraLink®
LVTTL synchronization (5 V tolerant)
High Dynamic Range mode: 93 dB and true 16 bits
Fast configuration switch mode (To be developped)
Software: Graphical User Interface: First Light Vision - Software Development Kit: (C, C++, C#, Python, MatLab) / LabVIEW / μManager / Halcon

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るFIRST LIGHT Imaging社の製品一覧へ戻る