FEMTO Messtechnik

ロックインアンプ

ロックインアンプは入力信号の中からある特定の周波数成分のみを取り出して
増幅するアンプであり、近年の光・電気システムにおいて、不要なノイズを取り除き、
測定感度を改善する最も有効なテクニックの一つです。

FEMTO®社のロックインアンプは、低価格で複雑なシステムに容易に組み込むことを
コンセプトに、ミニチュアモジュールタイプ、モジュールタイプ、
シングルボードタイプといった様々な形状の製品を供給しています。

モデル名・品名をクリックしますと、詳細ページがご覧になれます。

モデル 品名 検出感度 周波数範囲
LIA-MV-150シリーズ

LIA-MV-150 シリーズ

ミニチュア ロックインアンプモジュール

電圧:12 nV/√Hz
電流:4 pA/√Hz
S モデル:10 Hz~45 kHz
D モデル:10 Hz~45 kHz
LIA-MV(D)-200シリーズ

LIA-MV(D)-200 シリーズ

ロックインアンプモジュール

電圧:3 µV~1 V
電流:30 pA~10 µA
L モデル:5 Hz~10 kHz
H モデル:50 Hz~120 kHz

製品一覧へ戻るFEMTO Messtechnik GmbH社の製品一覧へ戻る