FEMTO Messtechnik

電流アンプ(トランスインピーダンスアンプ)

電流アンプは、フォトダイオードなどの検出器の電流出力を、オシロスコープなどで測定可能な電圧信号に変換するアンプです。
トランスインピーダンスアンプとも呼ばれます。
FEMTO社電流アンプは、その特性の良さと信頼性の高さから、 研究・実験・計測の現場で広く採用されています。

測定したい電流レベル、信号の時間変化速度に応じた周波数帯域から、実験目的に合ったモデルをご選定ください。
選定についてのご相談は、こちらのフォームより、お気軽にお問合せ下さい。



プリアンプの利点

プリアンプモジュールの利点は、ディテクタに近接して設置でき、ケーブルの浮遊容量やノイズピックアップによる信号-ノイズ比(Signal-to-Noise Ratio:SNR)の劣化前に、信号を増幅できる点にあります。


ゲインとノイズ

FEMTO 社は、プロフェッショナルな“ハイエンド”電流アンプを提供します。極限までの低ノイズを実現するため、高ゲインを選択する にもかかわらず、バンド幅低下は最小に抑えられています。従って、FEMTO 社製品のノイズ性能は、同一のバンド幅で比較した場合、従来の のオペアンプ式 電流-電圧コンバータのそれをはるかに凌ぎます。

バンド幅と周波数応答性

FEMTO 社 電流アンプは、特別な変換や周波数補償を必要とせず動作します。帯域幅及び周波数応答は、10nF までのソース静電容量に依存せず、ゲインピーキングもありません。


ロックイン用プリアンプ

ノイズが限定的な応用では、低ノイズアンプを使用することで、DSP ロックインの感度とスピードは大幅に上昇します。フェムトアンペアの電流が、
2~3 ミリ秒以内で測定することが可能です。


電圧アンプ

✪ マーク:日本語データシート有り

固定ゲインアンプ

可変ゲインアンプ

GHz 帯域アンプ

最大 バンド幅 ~2.5 GHz

HSA シリーズは、電流アンプとしてもお使いいただけます。
トランスインピーダンスゲインは、電圧ゲインx 50 (V/A) となります。
(入力電流 x 50 Ωの電圧)x 電圧ゲインです。



製品一覧へ戻るFEMTO Messtechnik GmbH社の製品一覧へ戻る