Arden Photonics

MPX モーダルエクスプローラ

IEC61280-1-4 準拠 Encircled Flux 測定装置

ギガビットイーサネット等で使われるマルチモードファイバのモード伝播をリアルタイムで評価・測定する装置です。

MPX 本体 :幅 25cm 高 9cm 奥行 27cm
重量 2.5kg
10,20,30dB 減衰フィルタ及びユニバーサル 2.5mm 径フェルールアダプタ付

上左写真の光学部本体に加えて制御用 PC があります。


MPXモーダルエクスプローラ 計測画面拡大

  • MPX-1(850nm用)
  • MPX-2(1300nm用)
  • MPX-1 / POF(850nm用、1mm 径までの POF 対応)
  • MPX-12(850,1300nm 兼用)
  • IEC11801 と TIA/EIA568 の LAN 向けの光源とパッチコードの評価
  • IEC61280-1-4 に準拠した Encircled Flux の測定
  • プラスチックファイバの評価
  • 光配線板 VCSEL の特性測定
  • 光部品のモード伝播特性の測定
  • ユニバーサル 1.25mm 径フェルールアダプタ
  • 12ch MTP コネクタ観察用アダプタ

MPX モーダルエクスプローラについて

私たちアーデンフォトニクス社は、この MPX がマルチモードファイバ、光源、光部品のモード状態の測定に強力なツールであると考えています。

MPX モーダルエクスプローラは、ファイバのモード分布として知られている、マルチモードファイバ中のさまざまなモードの分布を直接測定することを可能にしています。

その測定技術は、ビデオカメラによるファイバパッチコードの端面でのニアフィールド分布の画像処理技術と分析技術から成り立っています。モード分布のリアルタイムの可視化により、モードフィルタの効果とファイバ取り扱い方法を最適化することが可能になります。

モード分布は、LAN 内のファイバの性能において、特に重要な役割を担っています。
たとえば、リンクロスと達成可能なバンド幅は、トランシーバに接続されたファイバのモード分布に直接に影響を受けます。この用途のために、MPX は、Effective Coupled Power Ratio や Encircled Flux といった標準化パラメータの測定もできるようになっています。

MPX モーダルエクスプローラで計測できる項目

  1. Encircled Flux
  2. IEEE 各種テンプレートに準拠した測定

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るArden Photonics社の製品一覧へ戻る