HOME取扱製品検査・測定機器・センサロックインアンプZurich InstrumentsHDAWG 任意波形発生器

FAQ HDAWGに関するよくある質問

質問をクリックすると回答がご覧になれます。

ハードウェア設定に種類はありますか?
はい。設定には2種類あります。1つは4チャンネル、もう1つは8チャンネルモードです (HDAWG4 と HDAWG8)。HDAWG4 を HDAWG8 にアップグレードすることはできないため、2つのモデルのアップグレードオプションは互換性がありません。つまり、HDAWG4-FG 関数発生器を HDAWG8 にインストールできませんし、その逆もできません。
HDAWG の操作にコンピュータは必要ですか?
はい。本機器は USB 3.0 または 1GbE 経由で接続したコンピュータで操作します。コンピュータが波形とシーケンスデータを AWG にアップロードします。AWG が始動すると、自動的に信号を生成し、その後、コンピュータによって大きく異なることはなくなります。
制御ソフトウェアはどのようにインストールおよび更新したらよいですか?
LabOne ソフトウェアは、定期的に更新が表示される ダウンロードセンタで自由に利用できます。LabOne ソフトウェアは、ワンクリックユーティリティとして、本機器ファームウェアの更新も行います。
HDAWG には、どのくらいの数のマーカーがありますか?どのようにアクセスしたらよいですか?
HDAWG にはチャンネルごとに2つのマーカー (合計 8/16) があるものと、チャンネルごとに1つのSMA マーカーコネクタがあるものがあります (合計 4/8) 。すべてのマーカーを同時に出力するため、裏面パネルの 32 ビット DIO コネクタにもルーティングできます。両マーカーは、出力の16ビット分解能を下げることなく、使用することができます。
4 (8) トリガー入力コネクタはどのように使用するのですか?
HDAWG には、他の AWG の簡易トリガーモードを超えたトリガー可能性があり、また、 HDAWG-CNT パルスカウンタ オプションに関連したパルス計数機能があります。HDAWG には、チャンネルペア (1 と 2、3 と 4、 5 と 6、7 と 8) のプログラミングが可能で、完全独立した AWG 機器として作動できるモードがあります。特に、これらは個別トリガーが可能です。他に、1つのシーケンスプログラムが数個のトリガー入力を、例えば、ラインとフレームトリガー入力として受け入れることができ、トリガー状態をシーケンスブランチングの入力として使用することができます。
複数の HDAWG 機器の同期化は可能ですか?
はい。複数機器同期化 (MDS) 機能が、最大8のHDAWGs サンプル精度の信号タイミングを自動調節します。また、シングルユーザインターフェイスとシーケンスプログラムを制御使用して、HDAWG スタックの全チャンネルを制御することができます。同期化は、本機器裏面の MDS コネクタ上で、トリガー信号の双方向交換に依存しています。
本機器を Zurich Instruments から直接ではなく、地域のパートナーから購入する場合、どのようなサポートが受けられますか?
ユーザはすべて、購入場所には関係なく、Zurich の専門家のサポートが受けられます。各地域の販売パートナーがいる場合は、各地域の言語で同レベルのサポートが受けられます。サポートの延長、機器較正またはサービスについての詳細は、サポートページを参照してください。
HDAWG のプログラミングは他の AWGs とどのように違うのですか?HDAWG は何語を使用してプログラミングするのですか?
LabOne AWG シーケンサは、読み書きが自然な C - (別称 seqC -) から派生した高レベル言語を使用しています。多くの AWGs では依然一般的に使用されているマシン指示テーブルとしてシーケンスを積み上げている従来型の方法と比べ、現在の状況をより明確に理解することができます。LabOne シーケンサ言語には、統合型波形発生ツールが付いています。シーケンスエディタで、必要な箇所に波形を簡単に定義できます。このタスクを別の波形発生ツールや MATLAB® 等のサードパーティソフトウェアに分割する必要はありません。コード完了やデバッグメッセージ等のエディタ機能で、新規ユーザにも学習が速やかで便利です。
HDAWG の 振幅変調機能のメリットをどのように活かすことができますか?
時間がかかる波形アップロードが格段に高速となり、正弦搬送波で信号を使用する場合に、シーケンス定義と変更全体が簡単になります。これは、振幅変調で、搬送波がプログラミングされた波形と独立したものになるためです。これで、搬送波パラメータ(周波数、位相、振幅、オフセット)は、マウスを数回クリックするだけで調節可能になります。
HDAWG ユーザレジスタのメリットをどのように活かすことができますか?
パターン生成の柔軟性が向上します。ユーザレジスタで、可変遅延が促進され、特定波形の選択や DIO インターフェイス上の出力値の変更の指数の役割を持ちます。ユーザインターフェイスから手動で変更または自動 スイープを実行できます。
HDAWG はシーケンスブランチングをサポートしていますか?
はい。シーケンスブランチを取り込む場合は、LabOne シーケンスプログラムに「if」ステートメントを使用するだけです。
LabOne AWG シーケンサでは、どの種類の波形を生成できますか?
一般的な波形 (ブラックマン、ガウス、チャープ、正弦、正方形、sinc、DRAG、その他) をシーケンサコマンドで使用できます。また、波形を追加、乗算、カット、連結および計量し、ループ反復を使用して体系的な連続波形を生成することもできます。お持ちの波形データを、例えば、CSV ファイルをユーザインターフェイスにドラッグ・アンド・ドロップして、簡単にインポートすることができます。
ボックスの内容はどのようなものですか?
本機器には、国別の電源ケーブル、USB 3.0 ケーブル、1GbE ケーブルやクイックスタートガイドの複写版が付属しています。
AWG は振幅変調 (AM)、周波数変調 (FM)、位相変調 (PM) および両側波帯変調 (DSB) をサポートしていますか?
HDAWG は設定なしで AM をサポートしています。HDAWG-MF 多周波数オプション は、内部で加算された2つの直角位相チャンネルをベースにした直交変調を可能にします。この技法により、FM、PM、または DSB を含む、任意変調スキームの実現が可能です。
AWG を既存の制御ソフトウェアに統合できますか?
カスタム MATLAB®、LabVIEW®、Python、.NET、または C ソフトウェアを使用している場合、LabOne API を使用するば、統合は簡単です。LabOne グラフィック ユーザインターフェイスでは、コマンドログ機能から所定の機器設定により、適切な API コマンドを探し出すことができます。
HDAWG は、どのように他のベンダの AWG およびデイタイザと同期したらよいですか?
HDAWG には、2基以上の機器の信号発生を同期化する標準のトリガー入出力機能が付いています。
UHF-AWG で書かれたシーケンスプログラムは HDAWG と互換性がありますか?
はい。スクリプトは完全互換性があります。
HDAWG には、UHFAWG のようにオシロスコープやスペクトラムアナライザが内蔵されていますか?
いいえ。HDAWG にはアナログ信号入力がなく、単に信号生成機器です。ただし、HDAWG-CNT オプションが付いたパルス計数機能は例外です。
スコープ上に記録した波形はインポートできますか?
CSV (コンマ区切り値) ファイル形式の波形データは HDAWG に、例えば、LabOne ユーザインターフェイスでドラッグ・アンド・ドロップして、簡単にアップロードできます。
他の AWG からシーケンススクリプトをどのように転送したらよいですか?
Tektronix の SEQ シーケンスファイル形式から Zurich Instruments の SeqC ファイル形式への簡易変換は、今後の LabOne リリースで対応可能になります。

製品一覧へ戻るZI社のHDAWG 任意波形発生器へ戻る