ファイバーアレイ組立用接着剤

光導波路デバイスの多芯入出力に用いるファイバーアレイ。
その組立に必要とされるのが V 溝固定用接着剤です。

その中でも、特に耐久性に優れたEシリーズは、より多くのお客様からご好評をいただいています。

特長

  • 優れた耐久性
  • 作業しやすい粘度
    ファイバー V 溝固定用:低粘度
    型番:AT3727E, AT3728E, AT9390, AT9968, AT3925M
    ファイバー根本固定用:非流動性
    型番:AT9575M, AT8105
  • 紫外線硬化による簡敏な作業性

高信頼性のファイバーアレイを実現できる優れた耐久性

ファイバー V 溝固定用接着剤 E シリーズは低価格でありながら、高耐湿性に優れた従来品 “AT9390” と同等以上の耐久性を実現しました。

曲げ接着強度 ※図の特性値はサンプル測定値であり、保証値ではございません。

ファイバーアレイの高温高湿試験結果 ※図は試験結果の一例であり保証値ではございません。

仕様

V 溝固定用

型番[主成分] 硬化条件 (UV):照射強度
(mW/cm2
硬化条件 (UV):時間(min) 屈折率(硬化後)@589nm 粘度(mPa * s) ガラス転移温度(℃) 硬度(ショアD) 接着強度(kgf/cm2 特長
AT3925M[エポキシ] *1 100 10 1.519 200 219 88 > 99 研磨可能
高弾性 / 高耐熱
AT9390[エポキシ] *1 30 10 1.492 600 131 81 > 194 研磨可能
透明性良
AT9968[エポキシ] *1 100 10 1.512 70 181 85 > 143 研磨可能
低粘度
AT3727E[エポキシ] *1 10 10 1.574 400 107 83 > 147 研磨可能
高耐湿性
高 Tg
AT3728E[エポキシ] 10 10 1.573 400 55 20 > 232 研磨可能
高耐湿性
低 Tg

根本固定用

型番[主成分] 硬化条件(UV):照射強度(mW/cm2 硬化条件(UV):時間(min) 粘度(mPa * s) ガラス転移温度(℃) 硬度(ショアD) 接着強度(kgf/cm2 特長
AT9575M[エポキシ] 100 10 ペースト 42 35 > 221 高耐久性
非流動性
AT8105[アクリレート] 10 5 ペースト 103 78  >226 高耐久性
非流動性
  • *1
    医薬用外劇物該当製品(アンチモン系の光重合開始材を使用)

製品含有化学物質情報・製品安全データシートについて

以下リンクより、メーカーサイトにて直接お申し込みください。

この製品に関するお問合せフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ちください。

しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合、恐れ入りますが こちら までお問合せください。

ページトップへ