走査型プローブ顕微鏡(SPM)

走査型プローブ顕微鏡法(SPM)は、動作環境(周囲、液体、または真空)、対象の測定力のタイプ
(短距離または長距離)、および作動方式(機械的、電気的、磁気的、光学的)に応じて
さまざまな形態を取ります。 SPMは、定評のある高解像度のイメージングツールです。
単一原子、単一分子、量子ドットなどのナノオブジェクトの特定や操作に使用でき、
ナノテクノロジーやナノオプティクス分野の学術的プロジェクトでは、しばしば主役を演じています。

Zurich Instrumentsは、SPMの計測の課題、特に新しい動作モード、新しいセンサ、または
高速のリアルタイムデータ収集とフィードバックループに関連する課題に焦点を当てています。
Zurich Instrumentsは、DC〜600 MHzの周波数をカバーする機器を使用して、
SPMスペシャリストが時間領域および周波数領域のデータ分析を実行し、
複雑なチップとサンプルの相互作用をキャプチャおよび制御できるようにします。

以下の表に示すように、各機器プラットフォームには、SPMセットアップをユーザのニーズに合わせて拡張できる
オプションが準備されています。また、実験セットアップが複雑な場合には、複数機器の同期動作も可能です。

Zurich Instrumentsは、ScientaOmicron社 UHV-SPMシステム や Bruker Anasys Instruments社
原子間力顕微鏡赤外線分光法(AFM-IR)との統合ソリューションの提供により、また、
ほとんどのサードパーティ製顕微鏡にそれぞれの信号アクセスモジュール(SAM)を介して、アナログおよび
DIOインターフェイスを提供することにより、SPMコミュニティ全体にサービスを提供しています。


走査型プローブ顕微鏡(Scanning Probe Microscopy)拡大


SPM実験でZurich Instrumentsを使用する3つの理由

  • SPMモードを自由に実装し、既存のSPMプラットフォームで新しい計測技術を開発できます。
  • 選択した実験構成の最適化を確保しながら、最高のSN比または復調速度が保証されます。
  • 豊富な時間領域および周波数領域の分析およびデータ収集ツールのおかげで、パラメータ空間を探索できます。



プラット
フォーム
MFLI HF2LI UHFLI
周波数レンジ DC - 5 MHz DC - 50 MHz DC - 600 MHz
サンプリング
レート
60 MSa/s 210 MSa/s 1.8 GSa/s
最適なモード
  • 非接触AFM、FM-AFM
  • マルチ周波数AFM
    (最大4つの周波数または高調波)
  • 電気制御のみのほとんどのケルビンプローブフォース(KPFM)モード
  • STS、微分分光測定
  • 二重周波数共振追跡(DFRT)
  • マルチ周波数AFM
    (最大6つの周波数または高調波)
  • 機械的および電気的制御を備えたすべてのケルビンプローブフォース(KPFM)モード
  • 超音波顕微鏡法
  • ビッグデータ分析
  • バンド励起
  • 電気ポンププローブ
  • 時間分解実験
  • 高速AFM
ハイライト
  • <5 MHzで最高の感度
  • 閾値ユニット(チップ保護)
  • 正確なインピーダンス測定機能
  • 垂直方向と横方向の同時検出
  • 2つの別々の作動スキームの制御
  • 複数の直接側波帯分析
  • 最高のデータ転送速度
  • 最速の復調速度
  • 時間領域分析と組み合わせた
    任意の作動スキーム
SPMに関連する
オプション
  • MF-MD マルチ復調器
  • MF-PID クアッド PID/PLL コントローラd
  • MF-MOD AM/FM 変調
  • MF-IA インピーダンスアナライザ
  • HF2LI-PID クアッド PID コントローラ
  • HF2LI-MF マルチ周波数
  • HF2LI-MOD AM/FM 変調
  • UHF-AWG 任意波形発生器
  • UHF-DIG デジタイザ
  • UHF-BOX ボックスカーアベレージャ
  • UHF-PID クアッド PID/PLL コントローラ
  • UHF-MOD AM/FM 変調
ソフトウェア API LabOne® ソフトウェア Python, C, MATLAB®, LabVIEW™, .NET


製品一覧へ戻るZI 社のロックインアンプの主な応用へ戻る