光チョッパ 測定

光チョッパと組み合わせてロックイン増幅器を使用することは、
最も一般的な低周波ロックイン増幅器アプリケーションの1つです。
これをもう少し面白くするために、ジェームズは次のビデオで、
2つの異なるチョッパを同時に使用する実験を簡単にセットアップする方法を示しています。
これにより、ラボ内の貴重なスペースを節約し、セットアップの複雑さを軽減できます。



アプリケーション ビデオ



実験のセットアップ

>実験のセットアップ



必要条件



ヒントとコツ

  • 入力範囲を調整する フロントパネルの補助入力を外部基準入力として使用すると便利な場合があります。
  • 位相を自動ゼロにする プロッタツールを使用して、内部 PLL によって追跡されるチョッパ周波数を
    経時的に 表示します。Math サブタブには、さらなる信号分析のための豊富な統計機能があります。
  • 高調波フィールドを調整することにより、復調周波数を高調波だけでなくチョッパの基準周波数の約数に
    調整できます。これは、同じブレードを複数のスロットピッチで使用する場合に役立ちます。
  • 復調帯域幅が復調周波数と同じ範囲に入る場合、Sinc フィルタを使用して、
    SNR を高く保ちながら時間分解能を上げます。
  • FFT Spectrum Analyzer を使用して SNR を決定し、スペクトル内の他のコンポーネントを確認します。
  • 補助出力へのアナログ出力の場合、必要に応じてオフセット、スケーリング係数、制限を調整します。


光チョッパ アプリケーションのMFLIの主要機能

  • あらゆるチョッパモデルに対応
  • 1 kHz 以上で最高のノイズ性能 2.5 nV /√Hz。10 Hz で 7 nV /√Hz; 1 Hz で 40 nV /√Hz
  • チョッパ基準への簡単なロック(TTL またはアナログ信号)
  • 高調波およびサブマルチプル周波数で復調する
  • 簡単に構成できる4つのアナログ出力(プリオフセット、スケーリング、オフセット、制限)
  • LabOne ツールセット:Scope、FFT Spectrum Analyzer、Parametric Sweeper、Plotter など

製品一覧へ戻るZI 社のロックインアンプの主な応用へ戻る