IETSを使用したMCBJ

目 的: 機械的に制御可能なブレークジャンクション(MCBJ)のナノギャップ内の
単一分子 の存在の識別と非弾性電子トンネル分光法(IETS)による特性評価。
測定は、同時 のDC輸送(IV)、コンダクタンス dI / dV(1次高調波)、
およびコンダクタンス d2I / dV2 測定の1次導関数(2次高調波)で構成されます。
利 点: DC、第1高調波、第2高調波、ランプおよび変調信号生成のマルチ周波数測定用の
単一ボックス、広範な分析ツールが含まれ、ユーザインターフェイスに含まれる
外部電流プリアンプの制御。
関連製品: HF2LIHF2LI-MFHF2TA


MCBJのIETS用のHF2LI セットアップ

MCBJのIETS用のHF2LI セットアップ



このアプリケーション向けの
HF2LI ロックインアンプの主な機能

  • 信号入力ごとに3つの復調器
  • 1 µHz〜50 MHz の周波数範囲
  • 2つの独立した測定ユニット、2つの高周波発生器
  • 2つの補助入力、4つの補助出力、32 のデジタル I / O(DIO)
  • ランプ+ 変調用に追加された統合アナログ信号
  • 外部プリアンプ HF2TA への制御と電源供給のための単一ケーブル接続
  • 統合された周波数応答アナライザ、FFT スペクトラムアナライザ、オシロスコープ

この文書の内容は、第三者が所有する知的財産を指す場合があります。


製品一覧へ戻るZI 社のロックインアンプの主な応用へ戻る