WDI Wise Device

ATF 6.5
ラインレーザオートフォーカス &
追従フォー カ ス

標準顕微鏡 および 高度顕微鏡自動化アプリケーションに最適

  • 拡大
  • 拡大

WDI の最新バージョンのオートフォーカスセンサ、ATF6.5 を紹介いたします。

ATF6.5 センサは、より広範な用途に対して、より高速、より高精度、および、より柔軟性を求める顧客の要求に対応する為、ハードウェア、機能、およびソフトウェアの大幅な改善を含みます。

ATF6.5 の新しいレーザダイオードおよび投影光学系は、拡張されたキャプチャーレンジ、およびリニアレンジとフォーカス精度の両方の改善をもたらしました。センサは、高度な表面認識、マルチプレーンオートフォーカス、およびビデオフォーカスも使用できます。

WDI の ATF 技術は、フラットパネルディスプレイ、エレクトロニクス、および半導体製造を含む多くの環境において世界中で使用され、生物医学研究および画像自動化アプリケーションにも広く採用されています。

WDI は、革新的な顕微鏡自動化ソリューションの設計、エンジニアリング、および製造を行っています。ソリューションには、OEM コンポーネント、ならびに完全なオプトメカニカルサブシステムおよびオプトエレクトロニクスサブシステムが含まれます。

当社の製品は、小型オートフォーカスセンサや自動顕微鏡モジュールから、エンドユーザの IR イメージングシステムまで多岐にわたります。
WDI の技術は、ライフサイエンス、バイオメディカルイメージング、マシンビジョン、エレクトロニクス/半導体製造を含む幅広い産業における個人および企業を支援しています。

現在、インテル、コーニング、アップル、サムスン、およびLGなどの企業によって使用されています。

  • 改善されたセンシングレーザ
  • 表面認識の向上
  • フォーカス可能エリアの拡大
  • 距離認識精度の改善
  • アップグレードされたソフトウェア機能
  • レーザとビデオオートフォーカスが可能
  • ATF6 と互換性のあるコネクタパターン

レーザと光学系の改良

新しいより強力なマルチモードレーザダイオードは、旧式センサ(ATF6)に比べ 12 倍です。

新しいレーザと結合されるのは、改良されたレーザ投影およびパターン形成光学系です。

その結果、対物レンズ開口に対して2倍の長さと4倍の幅のレーザラインになります。

これらの変化は、オートフォーカス冗長性の劇的な増加、アラインメントの容易さや光学的な性能が大幅に向上しています。

キャプチャレンジの拡張

3倍のフォーカス可能な Z エリアの増加は、低倍率から高倍率への切り替えが可能になったことを意味しています。フォーカスの遅延は発生しません。

この改善により、「セル」「高度な表面認識」「マルチプレーンオートフォーカス」などのオプション機能も正式に追加されました。さらに 50 倍の表面認識が容易に達成できるようになり、ATF6.5 は今日利用可能な最先端の顕微鏡オートフォーカス製品となりました。

ソフトウェアの改善

ATF6.5 ソフトウェアは、「レーザライン」および「ビデオ」オートフォーカスの両方を利用できるよう改良され、センサにさらなる柔軟性を加えています。

これに関連して、センサがゼロからの所定のオフセットに自動的に焦点を合わせることを可能にする「SetReference(基準設定)」や、高度な構成パラメータの自動設定を可能にする「System Tune(システム同調)」などの新しい機能が利用でき、インテグレーションをこれまで以上に高速かつ容易になっています。

セットアップとリニアリティ

AT F6.5 センサから対物レンズまでの配置距離を 200mm から 300mm 以上に 50% 増加させているので、光学アライメントおよび、機械的な配置を容易にしています。

ATF6.5 はリニアリティ(距離精度)が改善されているため、アライメントは更に容易になっています。直線性の向上は、より簡単で信頼性の高い操作と、UV、NIR、その他の対物レンズのオフセットの補正の向上も意味します。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るWDI社の高速レーザオートフォカス ATFシリーズ 一覧へ戻る