VYTRAN

PTR-200-PRL ポリイミド・リコータ

PTR-200-PRL ポリイミド・リコータ拡大

PTR-200-PRLは、ポリイミド専用に開発された全自動リコータです。

リコート用ポリイミド剤は自動塗布され、低温>高温プロセスにより
ファイバ上にポリイミドを形成します。

高温ファイバ・センサ等、ポリイミドが使われているファイバに、
ポリイミドを再生するリコータです。
FBGを施した後、そのFBGの被服をポリイミドで再生する際に威力を発揮します。

各プロセスがプログラムで最適設定でき、作業員は、ボタンを押すだけで、
リコート作業は全自動で実行されます。

引張り試験機構も、標準装備されています。

リコート

  • リコート剤:熱硬化ポリイミド
  • ファイバサイズ*:125µmファイバ(標準)
  • リコートサイズ*:155µm
  • プロセス時間:約60秒 / 1層当り(ファイバサイズ、リコート長さにより異なります)
  • リコート厚さ:1プロセス当り 3~-5µm(自動繰返しプロセスにより、多層リコートが可能です)
  • リコート長:最大50mm

引張り試験機構

  • 最大負荷:2.1kg(235kpsi @125umファイバ)
  • 負荷上昇率:2.3kg / sec

* 標準外のサイズについてはご相談ください。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るVYTRAN社の製品一覧へ戻る