upnano

スケールと用途

スケールと用途
高出力レーザと最適化された光学系により、ナノ、マイクロ、メゾ、マクロの各領域で高精度かつ高速な加工を実現します。



スケール



サーフェスエレメントサーフェスエレメント

この微細なサーフェスエレメントにより、超撥水性など液体と固体の接触率を
極めて低くすることができます(2014 年に Liu と Kim によって Science 誌で
発表された論文で明らかに (DOI:10.1126/science.1254787) )。

ベースエリア 1,110 x 1,110 µm  高さ 25 µm 最小の特長 760 nm  プリント時間 01h 31min インフィルモード 微細  プリント速度 50 mm/s



マイクロレンズマイクロレンズ

直径 300μm の 25 個の球形マイクロレンズのアレイをファインモードで
プリントし、表面仕上げとしてレイヤごとに 3 本のアウトラインを
追加しました。

ベースエリア 1,780 x 1,780 µm  ピースの数 25 à 300 x 300 µm  高さ 08h 51min  インフィルモード 微細 + アウトライン  プリント速度 150 mm/s



フィルタエレメントフィルタエレメント

横方向の長さが 5 μm、深さ方向が 500 μm で、
3,521 本の平行なチャネルを持つ微多孔質フィルタエレメント。

フィルタエレメント

ベースエリア 700 x 700 µm  高さ 500 µm 最小仕様 孔:5 µm  プリント時間 13 時間 01 分  インフィルモード 微細  プリント速度 300 mm/s



マイクロニードルマイクロニードル

適応型解像度を用いた 10 倍の対物レンズを使い、直径 500 μm、
高さ 260 μm から 2,000 μm のマイクロニードルのアレイを作製しました。

マイクロニードル

ベースエリア 7,300 x 7,300 µm  高さ base: 350 µm, needles: 260–2,000 µm  最小仕様 チップ:< 1 µm  プリント時間 ベース:35 分、ニードル:04 時間 25 分
インフィルモード ベース:粗、ニードル:微細  プリント速度 600 mm/s



マイクロメカニカルコンポーネントマイクロメカニカルコンポーネント

自由に可動する 10 個のローラーとケージで構成された
完全機能型ローラー・ベアリング・コアを、1 回のプリントで製作しました。

マイクロメカニカルコンポーネント

ベースエリア 7,400 x 7,100 µm  高さ 3,000 µm  最小仕様 150 µm  プリント時間 01 時間 59 分  インフィルモード 粗  プリント速度 600 mm/s



流体エレメント流体エレメント

2 つのフルサイズのメス型ルアーロックコネクタを含む 3D テスラバルブの
プロトタイプが、内部の流路を明らかにするために 2 つに分割して
プリントされました。

流体エレメント

ベースエリア 10,000 x 5,000 µm  高さ 40 mm  最小仕様 チャネル幅:400 µm  プリント時間 10 時間 54 分(半パーツあたり)
インフィルモード 粗  プリント速度 750 mm/s


技術情報へ戻るUpNano社の技術情報へ戻る