upnano

2PPとは?

2PPとは?

UpNano の高解像度 3D プリントシステムは、2 光子重合 (2PP:2 Photon Polymerization ) をベースにしており、サブ μm レンジで最高の解像度を実現します。2PP テクノロジは、2 光子吸収 (2PA:2 Photon Absorption) による『空間選択性』を最大限に活用しています。

2 光子吸収が起こる確率は、レーザの強度の 2 乗に比例するので、その確率は焦点からの距離の 4 乗に比例して減少します。つまり焦点を超えた、焦点面の上下では、2光子吸収の起こる確率は著しく低下し、ほぼ無視できるほどになります。すなわち、2 光子吸収 はビームの焦点位置 (focal plane) でのみ発生します。これが 2 光子吸収による高い『空間選択性』です。

蛍光顕微鏡にて、単一光子と多光子のビーム経路を直接比較すると、2 光子吸収 はビームの焦点位置 (focal plane) でのみ発生することがわかります。そのため、1 光子吸収の場合には発光した光がビーム全体に沿って吸収されるのに対し、重合はこの非線形吸収に依存するため、焦点面でのみモノマーの架橋結合が誘発されることになります。

ステレオリソグラフィーのような 1 光子ベースのプロセスで製造された部品は、層ごとに製造されますが、2PP 部品はあらかじめ定義された容量を 1μm 以下の解像度で製造できるのはこのためです。

ふたつ以上の線状高分子を結びつけて、橋を架けたような形でひとつに結合すること


技術情報へ戻るUpNano社の技術情報へ戻る