upnano

モジュール

モジュール
NanoOne プリントシステムは、常に標準的な構成で提供されていてすぐにお使いいただけますが、お客様のご要望に応じてモジュールを追加するなどカスタマイズすることも可能です。これらのモジュールは、後から後付けすることも可能です。



バイオモジュール:高分解能バイオプリント

生細胞の存在下で生体適合性のある 3D プリント

生細胞の存在下で生体適合性のある
3D プリント

当社のプリントプロセスと生体適合材料は、バイオファブリケーションを念頭に置いて設計されています。生細胞を樹脂に混ぜて直接プリントしたり、事前に製造した構造体に播種したりできます。

ステージトップ型インキュベーションシステム

ステージトップ型
インキュベーションシステム

特別設計されたインサートを備えたこのインキュベーションシステムは、ビルディングプラットフォームに簡単に取り付けることができます。必要なチューブやケーブルは、ドアのところにある交換可能な開口部からアクセスできます。インキュベーションシステムの温度制御ユニットは、使用する細胞の種類に応じて湿度と CO2 の含有量を調整でき、プリントプロセス中のネイティブ環境を確保し、細胞の生存率を高めることができます。

UpBio: 生体適合アプリケーションとバイオプリントのためのゼラチンベースのハイドロゲル材料 基材: ステージのインサートを交換することで、様々な基材を使用することができます。
UpBio:生体適合アプリケーションとバイオプリントのための
ゼラチンベースのハイドロゲル材料
基材:ステージのインサートを交換することで、
様々な基材を使用することができます

8 穴チャンバ 96 穴チャンバ ペトリ皿
8 穴チャンバ 96 穴チャンバ ペトリ皿


高分解能バイオプリント

高分解能バイオプリント

NanoOne プリントシステムは、生細胞を直接プリントすることができます。

UpBio マトリックスに埋め込まれた細胞は、細胞培養、組織再生、医薬品研究でますます重要とされてきている 3 次元の in vitro 細胞試験に使用することができます。基材の選択にはほとんど制限がありません。底面がガラス製の細胞培養プレート、ペトリ皿、マイクロ流体チップなどは、ユニバーサルホルダを使って装置に挿入できます。また、ステージトップ型インキュベーションシステムと組み合わせることで、プリント中のネイティブ温度、湿度、CO2 の状態をコントロールし、細胞の生存率を確保します。



生体適合性のある構造

細胞の微小環境を模倣した構造や表面形状の製作。

UpNano の材料は、細胞の微小環境を模倣した構造や
表面テクスチャを作ることができます。
このような 3D 培養のアプローチ、そこから得られる結果は、
前臨床研究分野でますます重要になってきており、
将来の治療戦略で画期的なものとなるでしょう。





生体適合性のある構造



マイクロ流路アプリケーション

マイクロ流路アプリケーション

高解像度の構造体をマイクロ流路チップ内に
直接製作することができます。

セパレータ、チャネル、膜などの内部エレメントを、
市販のマイクロ流路チップやカスタムメイドの
マイクロ流路チップ内に直接製造することができます。
プリントの工程は無菌状態で行われます。
ラミナーフード下で基材の準備と注入を行い、
密封されたチップをプリントシステムに配置し、
無菌環境下で後処理を行うことができます。



大容量モジュール:高速 2PP プリント

「2PP プリントは時間がかかるもの」というイメージを払拭してくれるのが、この NanoOne プリントシステムです。
特許取得済みの革新的なプリント工程で、170nm の範囲で通常の高解像度と構造的詳細を備えたマイクロコンポーネントの
製造が可能になっただけでなく、バッチ生産やシリーズ生産への一歩を踏み出すことができます。
NanoOne システムでは、1 つのプリントジョブ内で、デザインやプリントパラメータが同一または異なる一連のコンポーネントを
プリントできます。わずか数クリックで、必要なパラメータをコンポーネントに割り当てることができます。
また、実績のある事前定義済みプリントプロファイルを使用することもできます。

本システムの優れた性能により、センチメートル単位でのパーツ生産が初めて可能になりました。
部品の高さが 42mm まで可能な NanoOne システムでは、従来の 2PP プリントシステムとマイクロステレオリソグラフィの
間に存在していたギャップを埋めることができます。さらに、それを驚異的なスピードで実現できます。


素晴らしいアイデアには、余裕が必要です

素晴らしいアイデアには、余裕が必要です

エッジの長さがセンチメートル単位の大型パーツも、小さなシリーズを最初におこなう場合も。大容量パッケージにより、これまで不可能と思われていたプロジェクトのアイデアを実現することができます。

基材 VAT の大型化や、20×20mm の辺長の基材、1インチ径のウェハーなどに対応することで、デザイン上自由度が高まることから、工業化への第一歩を踏み出すことができます。このセットアップにより、2PP で製造されたマイクロコンポーネントのシリーズ生産が初めて可能となり、同時にユーザの操作性も最小限に抑えられます。

NanoOne システムに組み込まれたパワフルなレーザは、低い倍率の対物レンズを使用することができるため、2 ミクロン以下の微細構造を持つ大きな構造を製造することができます。従来の 2PP アプリケーションとマイクロステレオリソグラフィのアプリケーションとの間に存在するコンポーネント向けのソリューションです。

クリーンルームなしでもクリーン

クリーンルームなしでもクリーン

マイクロナノスケールの製造では、粒子レベルが低いクリーンな作業環境が絶対条件となります。そのため、NanoOne プリントシステムには、H14 HEPA フィルタが標準で搭載されています。

NanoOne システムのロード、アンロード時でも、クリーンルームのクラス ISO7 が維持されます。システムを閉じた状態では、プリントプロセス中に、0.3μm を超える粒子は検出されません。これにより、クリーンルームがなくても、ロードやアンロード時にはコンタミネーションが少なく、コンタミネーションフリーでのプリントが可能になります。

ISO 引張試験検体:35 検体のバッチを、13 時間 56 分 23 秒でプリント 細胞足場:18x18 アレイの足場 (直径  1mm)を8 時間 19 分 46 秒でプリント バッチ生産
ISO 引張試験検体:
35 検体のバッチを、
13 時間 56 分 23 秒でプリント
細胞足場:
18x18 アレイの足場 (直径 1mm)を
8 時間 19 分 46 秒でプリント
バッチ生産

プロトタイプと少シリーズの製造 機能性マイクロパーツ:196 のバネ( 高さ 11mm)を33 時間 26 分 09 秒でプリント
プロトタイプと少シリーズの製造 機能性マイクロパーツ:196 のバネ( 高さ 11mm)を
33 時間 26 分 09 秒でプリント

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るUpNano社の製品一覧へ戻る