upnano

アクセサリ

アクセサリ
『使いやすさ』と『直観性』、これはシステムにおける基本的な大前提です。NanoOne とアドオンモジュールには、プリントの前処理と後処理を容易にする、考え抜かれた一連のアクセサリが付属しています。



材料バット (VAT)

材料バット (VAT)

材料バット (VAT) は対物レンズに装着し、底部のマグネットでカチッと固定されます。この VAT にはバーコードが貼られており、機械に内蔵されたスキャナでそれを検知し、プリントソフトの設定と照合します。材料バット (VAT) は、プリント容量と基板サイズに合わせて 2 種類のサイズがあります。

プリント材料

バット (VAT) モードには、再利用可能な 3 種類のサイズのガラス基板があります。10×10mm 角の正方形の基板、20×20mm 角の正方形の基板、 1 インチ径の大型のサンプルキャリアがあります。大型基板 2 つは XL 素材のバットにのみ対応しています。10x10mm 角の小型基板は両方の素材のバットで使用することができます。

プリント材料

アセンブリツール

アセンブリツール

ガラス基板は、アセンブリツールを使って金属製のホルダに固定します。金属製ホルダは、側面の調整ネジで幅を広げて基板を挿入することができます。このツールと高さで、ガラスと材料バットの間の距離が常に一定に保たれます。また、3 点サポートで平面性も確保されます。このツールは、3 つの標準基板サイズすべてに対応しています。

ビルディング プラットフォーム

ステージのインサートは交換可能です。UpNano の標準ホルダ、76×26mm または 76×52mm のスライドや直径 20~74mm のサンプルに対応したユニバーサルインサート、ウェルプレートホルダをご用意しています。また、市販されている様々なインサートも使うことができ、基板に対して、高い柔軟性を確保します。

ビルディング プラットフォーム

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るUpNano社の製品一覧へ戻る