OZ Optics

HEPS-1000
広帯域超量子もつれ光源NEW

もうエンタングル光(量子もつれ光)の生成でお手を煩わせません。


HEPS-1000 広帯域超量子もつれ光源拡大

特 長

  • 偏光と周波数の高品質なハイパーエンタングルメントを実現
  • ハイパーエンタングルされたバイフォトンは、2つの出力ポートに決定論的にルーティングされます。
  • 周波数領域での高次元エンタングルメントのための固定フィルタまたはプログラマブルフィルタとの互換性
  • CバンドとLバンドをカバーする広い帯域幅
  • 高忠実度と優れた安定性
  • ターンキー動作,室温動作が可能
  • 低消費電力
  • コンパクト設計、軽量光学系
  • 堅牢でアライメントフリー、オールファイバ設計

アプリケーション

  • 応用分野
  • 高次元量子情報処理
  • 量子超高密度符号化
  • 宇宙用周波数・偏波超高密度テレポーテーション
型 番 HEPS-1000-3A3A-1566-9/125-S
パラメータ Max. Typical Min. 単位
信号/アイドラー縮退波長 2  1580 1566 ±2 1530 nm
信号/アイドラー縮退波長精度 ±2 nm
バイフォトン帯域幅 (3 dB) 3  >120 80 60 nm
信号/アイドラー合計周波数帯域幅(3 dB ) 0.4 0.2 0.1 nm
ペア生成率  4 x 106 3 x 106 1 x 106 ペア/秒
同時発生率 4 1000 100  
忠実度の下限値  定義 5
Fpω = ⟨Ψ−ω | ⟨Φ+p | ρpω |Φ+p ⟩ |Ψ−ω ⟩,
周波数ビン分離  < 7 nm
99% 6 98% 97%  
動作温度 15   25
動作相対湿度 5   60 %RH
保存温度 -40   40
保存相対湿度 0   90 %RH

1 連続波 (CW) 動作時
2 縮退波長は、通常CバンドとLバンドの境界で設定するのが便利です。この範囲であれば、カスタマイズも可能です。
3 この帯域は3dBの分光輝度を意味します。この広い帯域幅で他のすべての仕様を満足するものではありません。
4 同時計数は、シグナル/アイドラーのFWHMバンド幅がそれぞれ16nm、0.65nsのウィンドウで、フリーランSPAD検出器のダークカウントが約5kHzの場合に測定されます。
5 詳細な定義、仮定、および周波数偏波ハイペンタングル状態への忠実度を決定する方法については、[1] を参照ください。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るOZ Optics社の光源 製品一覧へ戻る