OZ Optics

BM-100/BM-200 反射減衰量測定器
(バックリフレクションメータ)

手軽に反射を測定

反射減衰量測定器(バックリフレクションメータ) 特長

  • 反射レンジ -70 dB
  • USB インターフェース
  • 広波長範囲
  • 光源内蔵
  • 2波長光源対応可能
  • 丈夫でコンパクト
  • 高分解能
  • 挿入損失測定可能(オプション)
用途
  • 光デバイスの反射減衰量測定
  • 挿入損失測定
パラメータ 仕様 1
型番 BM-100-3A-
1310-9/125-S
BM-100-3A-
1550-9/125-S
BM-200-3A-
1310/1550-9/125-S
BM-200-3A-
1310/1550-9/125-S-IL
中心波長 2  1310 ± 20 nm  1550 ± 20 nm  1310 ± 20 nm
1550 ± 20 nm
レーザタイプ ファブリーぺロー
光出力 ≧ -3 dBm
コネクタ 8° FC/AngledPC レセプタクル
ファイバ 9/125 µm シングルモードファイバ、コーニング SMF-28
反射ダイナミックレンジ -1 ~ -70 dB
反射確度 ± 0.5 dB, up to -50 dB
± 1.0 dB, up to -65 dB
± 2.5 dB, up to -70 dB
IL ディテクタ N/A 3 mm InGaAs
IL ダイナミックレンジ N/A 0 ~ 60 dB
IL 確度 N/A ± 0.025 dB
長時間安定性 3 ±0.05 dB
短時間安定性 4 ±0.025 dB
入力電圧 Universal 110/220 VAC ~ VDCアダプタ
大きさ (L×W×D) 190 × 90 × 60 mm
重量 500 g
動作温度 -10 ~ 55°C
保存温度 -30 ~ 70°C
相対湿度 < 85%, RH 結露なし

注記

1  周辺温度23℃、15分ウォーミングアップ後
2  LDチップメーカー、温度によります
3  6時間一定温度環境下で。15分ウォーミングアップ後
4  15分一定温度環境下で。15分ウォーミングアップ後

型番ご指定方法

注記

1 マルチモードファイバ用は -30dB が最小値。マルチモード用はLED光源を使用します。
2 シングルモードファイバ用は -70dB が最小値。ただし、FC/AngledPC、波長1310nm。
3 型番が不明な場合は、ご希望の仕様を列挙してお問い合わせください。


型番の一例

BM-100-3A-1310-9/125-S
  シングルモードファイバ:9/125µm
光源波長:1310nm
コネクタ:FC/AngledPC

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るOZ Optics社のハンディ型測定器 製品一覧へ戻る