OZ Optics

スマートパッチコードとワイヤレスファイバによる
出力・波長監視システムNEW

  • Smart Patchcord with Analog Output Module

  • Wireless Fiber With Smart Phone

  • Wireless Fiber With Laptop Computer

特 長

  • RS232、USB、ワイヤレス通信によるローカルまたはリモートモニタリング
  • 低価格で小型パッケージ
  • 低挿入損失、低リターンロス高いパワーハンドリング
  • 600 nm~1700 nmの波長帯に対応
  • 偏波保持ファイバ、特殊ファイバ使用可能

用 途

  • FTTHネットワークにおけるネットワークおよびチャネルモニタリング
  • WDMシステムにおけるチャネルの安定化
  • ダイナミック光増幅器ゲインモニタリング
  • パワーモニタリング
  • 出力コントロールデバイス
  • 偏波安定化
  • 偏波モード分散補償
  • リアルタイムインライン試験・測定
  • 光ファイバセンサ
Figure 1: Testing Networks with Smart Patchcords Installed Figure 2: Remote Monitoring a WDM Network
Figure 1: Testing Networks with Smart Patchcords Installed Figure 2: Remote Monitoring a WDM Network

スマートパッチコードの光学特性 1

動作波長 1450 ~ 1650 nm、もしくは 1280 ~ 1440 nm
タップ比 2 % ±0.5 % 2
タップ効率 3 > 60 %
挿入損失 < 0.2 dB 4
リターンロス > 70 dB
Directionality < -35 dB 5
PDL < 0.1 dB
偏波依存応答 5 < 02 dB
波長依存応答 5 ±0.25 dB
偏波消光比 6 > 20 dB
パワーハンドリング > 1W 7

1. Corning製SMF-28ファイバまたは1550nm偏波保持ファイバを使用した場合の測定値です。その他のファイバについてはご相談ください。
2. その他のタップ比(0.5%~4%以上)については、ご相談ください。
3. (モジュールでの受信電力)/(タップによる減衰電力)x100%で定義。
4. 2%以下のタップの場合
5. 2%タップと0.5mmアクティブエリアInGaAsディテクタ、Index matching epoxyとの組み合わせによる測定値。
6. 6PMファイバ仕様のみ。
7. 1Wを超える出力でのテストはおこなっていません。5Wを超える出力に対応予定。


スマートパッチコードの電気特性

インターフェース スマートパッチコード:RS232, USB
ワイヤレスファイバ:Radio link (Wi-Fi, Bluetooth, Zigbee)
データ転送レート スマートパッチコード:RS232 & USB:>8 readings per second.
ワイヤレスファイバ:Radio link:>25 nodes per second.Higher rates are possible
電源 スマートパッチコード:RS232 & USB units can be powered by the communications link.
スマートパッチコード or ワイヤレスファイバ:External DC power supply: 5 to 24 volts

その他仕様

動作温度範囲 0 ~ 60℃
保存温度範囲 -40 ~ 85℃
湿 度 < 85 % RH noncondensing at 50℃
寸 法 構成によります
重 量 構成によります

型番ご指定方法

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るOZ Optics社の光ファイバデバイス 製品一覧へ戻る