Optotune

LSR-4C
透過型 レーザスペックルリデューサ

  • LSR-4C-L レーザスペックルリデューサ

    LSR-4C-L
    (single linear oscillation)

  • LSR-4C-LL レーザスペックルリデューサ

    LSR-4C-LL
    (doouble linear oscillation)

LSR-4C スペックルリデューサは、18.5×18.5mm のアパーチャがあり、高出力レーザや大きなビームサイズを入力する用途に適しています。

拡散板は薄いスチールフレームにマウントされています。
スペックルリデューサのフレームがより大きな金属構造体にセットされたとき、磁気抵抗力による動作ができます。
磁気抵抗力は、ドライブコイルの磁界の振幅により発生します。
ご要望に応じて2個の拡散板を 90°直交させ、X, Y の両方向でのスペックル低減へ最適化します。

柔軟なプラスチック材料に組み込まれた小型の駆動エレクトロニクスは、閉ループモードで共振周波数を安定化させ、エラー信号発生機能も含みます。

機械的仕様
クリアアパーチャ 18.5 × 18.5 mm
寸法(W×H×D) ~40 × 40 × 6 mm
LSR の重さ 11 g
拡散板の重さ 0.29 g
留め具に必要な最低重量 > 300 g
距離 1 m、通常動作時のノイズレベル < 30 dB
衝撃試験 500 g

電気的仕様
電源(micro-USB または半だ付け) 3.4~5 VDC 注1
電力消費(通常の回路を使用) 500 g

光学的仕様
拡散角度(FWHM) 8.5°(要望により最大 20°まで)
透過波長 440~660 nm(AR コート時)
または AR コート無しの Fused Silica
透過率 > 98 %(AR コート時)
材料 Fused Silica
コーティング ハイパワー用コート(両面)
ダメージ閾値 > 600 W/cm²
振幅の周波数 120 ± 10 Hz
振幅(peak to peak) 最小 0.6 mm / 一般値 0.8 mm / 最大 2.0 mm

温度条件
保管温度範囲 -40、+85℃
スタート時の温度 -30、+85℃
動作温度範囲 スタート時の温度から -5℃、+55 ℃の範囲内 注2

注1 100-230 VAC 入力、5 VDC 出力、micro-USB コネクタ付きの電源があります。
注2 この動作温度範囲外で使用すると、スペックル低減の性能は低下します。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るOptotune社のレーザスペックルリデューサ 製品一覧へ戻る