OPTOSKAND

カプリング光学ユニット

カプリング光学ユニット


レーザ光をファイバ伝送する為の導入系オプティクス

カプリング光学ユニットはレーザビームを安全に OPTOSKAND 社ファイバへと導入します。

入射カプリングオプティクス製品群にはすべてのタイプのカプリング、時間スイッチ、
エネルギシェアリングの為の製品が含まれ、お客様のどのようなニーズにも対応することができます。

光学パフォーマンス、安全対策、機械特性、熱特性など面は対応済みです。

レーザビームをよりフレキシブルに取り扱うことがハイパワーレーザでも一般化されてきています。

今まで以上の可能性を提供するカプリング光学系の領域にまでその開発は広がってきています。
そのため時間、コストの面で効率化がされてきています。

製品ラインアップ

  • プラグ&プレイ
  • レーザ to ファイバ
  • ファイバ to ファイバ
  • エネルギシェアリング
  • BGFE安全コンセプト
  • 全てのオプトスカンドケーブルカプリング対応

質問をクリックすると回答がご覧になれます。

レーザ光源の数よりもプロセスセル数が多い場合はどうすればいいですか?

例えば、ひとつのフィーディングファイバ入力から最大6つのプロセスファイバ出力をもつ
オプティクスはいかがでしょうか?
このような入射カプリング光学系ユニットを使用すれば容易にひとつのレーザ光源と
異なるプロセスセル間をスイッチすることができます。

製品: FFS
長いフィーディングファイバを保護したいのですが?

ファイバ - ファイバ間(Fiber-to-fiber)のカプリング光学系をご使用いただけます;
レーザ光源から出るビームをフィーディングファイバへカプリングし、
その後プロセスファイバへカプリングします。また交換も容易にできます。

製品: FFC
必要以上のパワーがあるのですが?

入射パワーをシェアできるオプティクスを使用することにより二つのプロセスを同時進行することができます。

製品:FFS

製品一覧へ戻るOPTOSKAND社の製品一覧へ戻る