Optogama

モータ駆動 アッテネータ
LPA シリーズ

レーザ出力の制御にお使いいただけるモータ駆動アッテネータ、 LPA シリーズ です。本 LPA シリーズは、250 nm〜2000 nm の UV、可視、および NIR、波長範囲に対応したモデルをご用意しています。これらのデバイスは大きな有効径を持つため、様々なレーザアプリケーションにご利用いただけます。

本デバイスに採用されているすべての光学素子は、 高LIDT 用に作られており、産業用途で高出力レーザと使用しても安定した信頼性の高い性能を提供します。

LPA-A デバイスのハウジング内の熱効果やストレスを回避するために、レーザー出力アッテネーターユニットからの二次レーザービームは、外部ビームダンプへの出力ウィンドウ(オプション)から排除されます。

レーザ出力アッテネータユニットからの二次レーザ光は、 BDS デバイスのハウジング内の熱の影響やストレスを回避するために、 出力ウィンドウから外部ビームダンパ(オプション)への排除されます。アッテネータを介し、減衰された ビームは 2.25mm オフセットされます。

  • Industrial robust mechanical design
  • Large clear aperture
  • Motorized power attenuation control
  • Fast adjustment < 0.5 sec
  • Two mounting options for minimal 18 mm or 40 mm beam height
  • Laser machining
  • Research
Input and output clear aperture 18 mm
Dimensions (H x W x L) 58 x 36 x 74,5 mm | 58 x 51,5 x 74,5 mm with beam dump
Control interface USB or RS232
Housing material Black anodized aluminum
Controller External
WAVELENGTH ATTENUATION RANGE LIDT SKU
257 nm 0,5 - 95 % 2 J/cm² (10 ns @ 266 nm) 9326
266 nm 2 J/cm² (10 ns @ 266 nm) 9327
343 nm 0,2 - 96 % 3 J/cm² (10 ns @ 355nm) 9264
355 nm 3 J/cm² (10 ns @ 355nm) 9263
515 nm 0,1 - 98 % 5 J/cm² (10 ns @ 532 nm) 9262
532 nm 5 J/cm² (10 ns @ 532 nm) 9260
1030 nm 10 J/cm² (10 ns @ 1064 nm) 9259
1064 nm 10 J/cm² (10 ns @ 1064 nm) 9258
RECOMMENDED ACCESSORY FOR BEAM HEIGHT OF SKU
Post mounting set 50 mm or 76 mm (2” or 3”) 9343
Post mounting set 73 – 125 mm (2,9” – 5”) 9344
Dedicated beam dump with protective window - 9345

製品一覧へ戻るOptogama社の製品一覧へ戻る