NTTアドバンステクノロジ

OVC-21 光ファイバ導通チェッカ

可視光源を用いた光ファイバの断線・曲げ箇所特定や
簡易な導通確認のための必携ツール

光ファイバ導通チェッカ OVC-21 は、赤色可視光を効率的に
光ファイバへ入射させるよう設計され、光ファイバの簡易導通試験や
断線箇所を確認するためのツールです。

同出力の可視光源を使用した際よりも、光ファイバの断線・屈折箇所が
明るく光るため、不具合箇所の特定に威力を発揮します。

特 長

SC・FC(標準)、
MU・LC(オプション)コネクタに対応

一般的に使用されているφ2.5mm フェルール
SC・FC・ST コネクタ)に標準対応。
オプション(別売)の変換アダプタで、
φ1.25mm フェルール(MU・LC コネクタ)の
光ファイバにも対応可能です。

MU・LCコネクタ変換アダプタ

MU・LCコネクタ変換アダプタ

導通チェッカの出力インターフェースを
2.5mm → 1.25mm へ変換するアダプタ

連続 10時間使用可能

単4 アルカリ乾電池 2 本で、
連続 10 時間の使用が可能です。
(連続点灯時)




連続 10時間使用可能

持ち運びに便利なポケットサイズ

薄型軽量なポケットサイズで携帯に便利です。
カード形状のため、転がる心配もありません。
ハーフサイズカードクリーナを裏面に収納でき、
コネクタ端面の清掃も行えます。
(1枚標準付属)


持ち運びに便利なポケットサイズ

可視光源を、価格・パワーだけで選んでいませんか?

他社製品との比較

OVC-21 他社製 円筒形可視光源
光出力 4 mW 以下 5 mW 以下
レーザクラス クラス 3R クラス 2M
仕様上の検出距離 5 km 7 km

検出距離は各社異なっていますが、実際に比較してみると、
仕様上の光出力(パワー)、検出距離だけでは判断できません。

両製品の仕様上の検出距離(5km、7km)をそれぞれ伝送させ、輝度を比較したところ、

光ファイバ伝送後の輝度(以下画像:白丸枠内)に明確な差が・・・!

伝送距離 5 km 伝送距離 7 km
伝送距離 5 km 伝送距離 7 km

仕様上、検出距離が短いのは OVC-21 ですが、
伝送距離7kmの時の輝度が、他社製品より高いことが確認できます。

使用方法

接続して、導通チェッカのスイッチを入れると、
光ファイバの断線箇所が発光します。
付属のカードクリーナ(6 回分 / 1シート)で
光コネクタ先端の清掃ができます。
替えシートは別売りです。
オプションの変換アダプタを使用することで、
φ1.25mm の LC・MU コネクタへの接続が
可能となります。

仕 様

型 番 OVC-21
光出力(最大) 4 mW 以下
レーザクラス クラス 3R(目への直接被ばくを避けて下さい)
レーザ光波長 650 m(赤色可視光)
インターフェース フェルール径 2.5 mm(SC, FC, ST コネクタに対応)
別売オプション使用で、フェルール径 1.25 mm にも対応
検出距離 ※ 5 km
出力モード 連続 / 点滅 (2 Hz)
寸法 W x H x D (mm) 115 x 60 x 18
質 量 (g) 90
付属品 コネクタ端面清掃用 ハーフサイズカードクリーナ 1枚
ストラップ 1本
単4乾電池 2本
取扱説明書 2枚
オプション 1.25 mm変換アダプタ MU・LC 変換アダプタ
光ファイバ導通チェッカの出力インターフェースを
2.5 m から1.25 mm へ 変換するアダプタ
ハーフサイズカードクリーナ ハーフサイズカードクリーナ
光コネクタ端面清掃用クリーナ
200 枚入

※ 検出距離は環境条件により変化します。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るNTTアドバンステクノロジ社の製品一覧へ戻る