NTTアドバンステクノロジ

なぜ光コネクタは清掃が必要なのでしょうか?

レーザ光が通る光ファイバのコアは、
小さいもので ”直径 数ミクロン” と、とても小さいため、
肉眼では見えない小さな汚れが、様々な影響を与えます。


 
  • レーザの伝送特性を劣化させる(光が通 らなくなる)
  • ハイパワーのレーザを入射すると、コネクタ端面に汚れが焼き付いてしまう
  • 戻り光(汚れでレーザ光が反射)によって、レーザ自体の不具合に繋がる可能性がある
  • 汚れたまま使い続けると永久に取れなくなってしまう可能性がある などなど・・・

清浄な光コネクタ端面 汚れ(手脂)が付着した光コネクタ端面 汚れにハイパワーレーザがあたりコア部が溶融してしまった 光コネクタ端面
清浄な光コネクタ端面 汚れ(手脂)が付着した光コネクタ端面 汚れにハイパワーレーザがあたり
コア部が溶融してしまった 光コネクタ端面


しかし、光コネクタの端面は部品の先端で露出しているので、
汚れの付着が避けられません。

したがって、光コネクタの「接続直前」に清掃することが必須です。






NTT-AT社の光コネクタクリーナなら、
そんなお悩みを全て解決いたします!

光コネクタの清掃用に特別に開発された超極細繊維が、
拭き残しなく誰でも簡単に、汚れをきれいに拭き取ります。



重大なトラブルを引き起こす前に、大切な機器・部品を守るために、
光コネクタクリーナによる清掃を、必ず行いましょう!



製品一覧へ戻るNTTアドバンステクノロジ社光コネクタクリーナの一覧へ戻る