NTTアドバンステクノロジ

精密固定用接着剤

特 長

  • 硬化時や温度変化に対する固定位置変動が極めて少ないため、
    サブミクロンオーダの接着固定が可能
    • 硬化収縮率が小さい(3% 以下)
    • 熱膨張係数が小さい(4×10-5 / ℃以下)

    硬化収縮率

  • AT9290F は硬化後に透明化
  • ヒートサイクル試験(-40~85℃)に耐える高信頼性
    • ハンダリフロー処理に耐える高耐熱性(260℃)

 

 

使用例:マイクロボールレンズの固定

イメージ図 LDモジュールの温度特性

 

 

イメージ図 LD モジュールの温度特性  

仕 様

型番
[主成分]
硬化条件(UV) 硬化収縮率
(%)
粘度
(mPa * s)
ガラス転移温度
(℃)
熱膨張係数
(ppm/℃)
接着強度
(kgf/cm2 )
特 長
照射強度
(mW/cm2)
時間
(min)
AT4291A
[エポキシ] *1 *2
100 10 2 25,000 206 23 > 116 低粘度
AT9290F
[エポキシ] *1 *2
100 10 1 45,000 140 31 > 200 硬化後透明
(硬化深度大)
AT3862P
[エポキシ] *1 *2
100 2 0.5 500,000 195 20 > 210 硬化収縮率小
高粘度
AT3916P
[エポキシ] *1 *2
100 5 0.9 20,000 233 18 > 220 低粘度

*1: 医薬用外劇物該当製品(アンチモン系の光重合開始材を使用)
*2: 冷凍保管(輸送)対象品
※表の特性値はサンプル測定値であり保証値ではございません。

製品含有化学物質情報・製品安全データシートについて

以下リンクより、メーカサイトにて直接お申し込みください。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るNTTアドバンステクノロジ社光学接着剤の一覧へ戻る