NTTアドバンステクノロジ

結露防止シート(電子機器設備用)G-ブレス

3つの特長

POINT 1 速過ぎる… 驚異の吸湿スピードで、他社製品を圧倒!

G-ブレスの特長は、なんといっても 吸発湿のスピードが速い!

他社製品と比較した以下のグラフを見ていただくと、一目瞭然。
1時間経過した時点で、G-ブレスは35%吸湿しているのに、シリカゲルはたった5%です。

さらに1時間後、G-ブレスは4%まで放湿しましたが、シリカゲルは1%しか放湿しません。

グラフ_G-ブレス 吸湿・放湿性能

POINT 2 吸って終わりじゃない、呼吸するから高寿命!

従来のシリカゲル等の防湿剤は、一定量の水分を吸収すると性能が急激に低下=寿命を迎えるのに対し、
G-ブレスは湿気を発湿します。

この湿気を “呼吸” することで適正湿度を保ち続けるため、長期間にわたって性能維持を実現しています。

※通信インフラ会社で約10年間にわたって性能を維持している実績があります。
 (使用可能期間は設置する躯体の構造や環境条件により変化します。)

結露防止シート「G-ブレス」
結露防止シート「G-ブレス」の湿度測定試験

【測定条件】
・試験用の箱容積:13.9リットル
(底部にφ5mmの通気孔有)
・G-ブレス:はがきサイズ 設置
・測定場所:東京都の屋外
・測定期間:2週間部分を抜粋

結露防止シート「G-ブレス」の湿度測定試験

POINT 3 電力不要でメンテナンスフリー。だから、コスト削減も叶います!

G-ブレスは長寿命なので、長期間交換不要です。しかも、電力不要で、RoHS指令適合なので、とってもエコロジーな製品です。

  G-ブレス シリカゲル ヒータ・除湿機
初期費用 ×
寿命 長い 短い 長い
管理コスト なし 交換作業が多い 電気代
メンテナンス

G-ブレス

吸湿能力を再生するために高温環境に移したり、天日干しする必要がなく、G-ブレス自身で放湿します。

施工後のメンテナンスが不要なため、管理の手間やコストも低減します。

シリカゲル

初期コストは低いですが、寿命が短く、3ヶ月毎に交換作業が必要なので、交換作業によるメンテナンスコスト(人員、それに伴う費用)が発生します。

ヒーター、除湿機

機器を利用した従来の結露対策ですと、初期の設置費用に加え、電気代が継続的に発生します。

必要に応じて、メンテナンスの費用と手間もかかります。

他の手段を用いた結露対策におけるコスト比較

G-ブレス導入効果

導入する設備の構造や環境条件によって効果は異なります。


製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るNTTアドバンステクノロジ社の製品一覧へ戻る  G-ブレスのトップへ戻る結露防止シート G-ブレス のトップへ戻る