MICRO ELECTRONICS

光ファイバストリッパ


『光ファイバストリッパ』とは、光ファイバのコーティング、バッファー 及び ジャケットを除去する工具です。

なぜコーティングを除去する必要があるのかというと、ファイバとファイバを融着する際や、ファイバにコネクタ付けをする際に、
ファイバからコーティングを除去してガラス部分を露出させる必要があるからです。

色々なメーカーから様々な形のストリッパが販売されていますが、その中でも MICRO ELECTRONICS 社製のストリッパは、
簡単にコーティングを除去できる操作性と多種多様なラインアップから、世界中の技術者に愛用されています。
ストリッパ1台で広範囲のファイバ径に対応することができ、各ファイバに適合したカッターブレードとチューブガイドを選定して取り付けるだけ、
という手軽さが魅力です。

※ポリイミド被覆除去には対応していません。
※医療用としては販売しておりません。

質問をクリックすると回答がご覧になれます。

ファイバによって、ブレードやガイドは異なりますか?
はい、ファイバによって使用するブレードやガイドは異なります。
間違ったサイズのブレードやガイドを使用した場合、ストリッパの質が落ち、
ファイバを傷つける恐れがあります。
ブレードはペアが決まっていますか?
ブレードは左右でペアが決まっていますので、
入荷したブレードはそのままのペアで使用してください。
もし別のペアのブレードと混ぜてしまった場合、
ストリッパの質が落ち、ファイバを傷つける恐れがあります。
ブレードの寿命はどれくらいですか?
使用ファイバのコーティング剤やクリーニングの頻度にもよりますが、
数百回程度となります。
ストリッパする際にファイバが断線するようでしたら、交換のサインとなります。
着脱工具や交換部品はありますか?
はい、こちらをご参照ください。
マイクロストリッパとソフトストリッパの部品は共通ですか?
はい、ブレード 及び ガイドは共通部品となります。
ソフトストリッパで、1回でストリッパできる長さはどれくらいですか?
MS-3B 及び MS-4B シリーズは最長 1.25 インチ、
MS-3T 及び MS-4T は 2.25 インチとなります。