LIQUID INSTRUMENTS

  • オシロスコープ

    オシロスコープ

  • ファンクションジェネレータ

    ファンクション
    ジェネレータ

  • 周波数応答アナライザ

    周波数応答
    アナライザ

  • PIDコントローラ

    PID
    コントローラ

  • データロガー

    データロガー

  • 任意波形発生器

    任意波形発生器

  • スペクトラムアナライザ

    スペクトラム
    アナライザ

  • ロックインアンプ

    ロックイン
    アンプ

  • フェーズメータ

    フェーズメータ

  • レーザロックボックス

    レーザロック
    ボックス

  • デジタルフィルタ

    デジタル
    フィルタ

  • FIRフィルタビルダ

    FIR
    フィルタビルダ


フェーズメータ フェーズメータ



Moku:Lab のフェーズメータは、1 kHz~200 MHz の信号の位相と周波数、振幅を追跡し、
高度なスペクトル分析を行い、最大125 kHz でデータを保存できます。
100 ナノサイクル / √Hz 以上の感度で、ミリ度以下の位相変化を測定します。



仕 様

入力周波数範囲 1 kHz – 200 MHz 入力電圧範囲 1 Vpp / 10 Vpp
トラッキング帯域 300 / 600 mHz
2.5 / 10 / 40 / 150 / 600 Hz
2.5 / 10 kHz
データロギング・レート 30.5 Hz の
122 Hz の
488 Hz の
1.95 kHz の
15.6 kHz の
125 kHz の
周波数設定値の精度 3.55 µHz 位相精度 1 Hz を超えると最大 100 nCycles /√Hz
周波数精度 最大 fx10 µHz /√Hz、f =フーリエ周波数  


主な機能

出力オプション付きの
2 つの独立した
位相計チャンネル
2 つの独立した信号の位相、周波数、および振幅を追跡および記録。フェーズロック出力オプションを使用すると、入力にフェーズロックされる正弦波を生成可能
組み込み分析 アラン偏差
リアルタイム
データ分析
リアルタイムスペクトル分析をサポートして、パワースペクトル密度、振幅スペクトル密度、アラン偏差などを表示および保存
柔軟な信号追跡
オプション
10 mHz(低 SNR 信号の追跡に最適)から 10 kHz(大きなダイナミクスの信号に最適)までのフェーズロックループ追跡帯域幅。フリーホイールモードは、信号が予期せずフェードしたときにループ状態をインテリジェントに保持し、信号が戻ったときに自動的に再接続

アプリケーション

  • 発振器の分析
  • 光学/超音波レンジング
  • 重力波の検出
  • 干渉法
  • フェーズロックループ


技術解説動画

アプリーケーション例:フェーズメータによるアラン偏差



ドキュメント

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るLIQUID INSTRUMENTS社 Moku:Lab へ戻る