ファイバカップルレーザ iFLEX-iRIS

拡大

ハイパフォーマンスファイバカップルレーザ
iFLEX-iRIS

小さなレーザ本体に制御エレクトロニクスと冷却素子 (TEC) が内蔵。CW モードでは自動閉ループ制御により、長時間にわたって優れた出力安定性を保持。変調モードでも安定したパフォーマンスを発揮。日々行う計測に安定した精度をお約束します。

ファイバ出力レーザ:kineFLEX ファイバデリバリシステムが含まれます。シングルモード偏波保持ファイバ出力によりビームのふらつきを1μrad/℃未満に減少させ、ビームの空間モードをフィルタリングして近ガウシアンのビーム出力にします。ビーム出力側のファイバ端は、コリメートレンズか光コネクタ出力が選択できます。


特長

  • どの発振波長でも同一の小型ハウジング
  • 制御エレクトロニクス内蔵
  • 非常に優れた出力安定性
  • 低ノイズ
  • 動作モード CW

用途

計測、フローサイトメトリ、共焦点及びレーザ走査顕微鏡システム、TIRF、DNA スクリーニング、ゲノミクス、眼科用途などに最適なレーザシステムです。

パワー vs 波長

パワー vs 波長


型番 商品名 波長(nm) 出力(mW)
iFLEX-iRIS-P-2-375-0.7-30-NP 375nm 30mW CW iFLEX-iRIS レーザ 2m 偏波保持シングルモードファイバ+
φ0.7mm コリメートビーム出力
375 30
iFLEX-iRIS-P-2-405-0.7-30-NP 405nm 30mW CW iFLEX-iRIS レーザ 2m 偏波保持シングルモードファイバ+
φ0.7mm コリメートビーム出力
405 30
iFLEX-iRIS-P-2-445-0.7-50-NP 445nm 50mW CW iFLEX-iRISレーザ 2m 偏波保持シングルモードファイバ+
φ0.7mm コリメートビーム出力
445 50
iFLEX-iRIS-P-2-488-0.7-20-NP 488nm 20mW CW iFLEX-iRIS レーザ 2m 偏波保持シングルモードファイバ+
φ0.7mm コリメートビーム出力
488 20
iFLEX-iRIS-P-2-515-0.7-40-NP 515nm 40mW CW iFLEX-iRIS レーザ 2m 偏波保持シングルモードファイバ+
φ0.7mm コリメートビーム出力
515 40
iFLEX-iRIS-P-2-532-0.7-25-NP 532nm 25mW CW iFLEX-iRIS レーザ 2m 偏波保持シングルモードファイバ+
φ0.7mm コリメートビーム出力
532 25
iFLEX-iRIS-P-2-561-0.7-25-NP 561nm 25mW CW iFLEX-iRIS レーザ 2m 偏波保持シングルモードファイバ+
φ0.7mm コリメートビーム出力
561 25
iFLEX-iRIS-P-2-642-0.7-65-NP 642nm 65mW CW iFLEX-iRIS レーザ 2m 偏波保持シングルモードファイバ+
φ0.7mm コリメートビーム出力
642 65
すべてのレーザが Qioptiq 社の ISO9001 工場のクリーンルーム内で製造されます。
個々のレーザは出荷前に検査され、適合証明書が添付されます。
国際通信規格 Telcodia GR468 に基づき Qioptiq 社はレーザを設計・製造します。
この高度なテスト基準と現行の信頼性プログラムによって、
お客様に安心してお使いいただける製品をご提供します。
レーザの動作には別売りの電源が必要です。
iFLEX-iRIS CDRH インターロック電源は、CDRH 適合のシステムに必要です。
そしてこの電源は一般的なラボ用途での使用に推奨されます。
OEM 用の電源もご用意しております。
またはレーザ本体の Power Bus から直接制御、給電も行えます。
  • CW 発振 出力調整オプション付き
  • 変調オプション
  • CDRH 対応リモートインターロックドライバ(電源付き)
  • OEM 用電源
  • kineMATIX-P2 キット
    (iFLEX-iRIS レーザへ kineFLEX ファイバを接続時に使用)
  • kineFLEX シングルモードファイバ / 偏波保持ファイバ
    (kineFLEX のページを参照のこと)

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るQIOPTIQ社のダイオード&DPSS レーザ 製品一覧へ戻る