HOME取扱メーカ>enovasense

enovasense

非破壊・非接触
コーティング/膜厚測定

特に色つきのコーティング層の膜厚測定に最適!

enovasense社(仏国)製品ピックアップ

金属、樹脂、プラスチック、ゴム等の
様々な基材上のコーティング、メッキ、塗装厚み

を非破壊、非接触で測定します。
サンプルのわずかな熱の変化から膜厚を測定する、
ダメージフリーの全く新しい膜厚測定システムです。

本機器は、基本的に単層コーティングの測定を主な目的とした製品です。

レーザを照射してから、サンプル表面での輻射熱の発生するまでの
時間差からコーティング/ 膜厚測定を 行います。
完全な非接触での測定に加え、数秒程度の測定時間なので、
研究用途だけでなくインラインで の使用にもご使用頂けます。


レーザ照射と輻射熱の検出

レーザ照射と輻射熱の検出


物理モデルと独自アルゴリズムにより膜厚解析!

非接触

完全非接触:2cm または 4cm 離れたところからの測定!

測定サンプルに全く接触せずに測定ができるので、

  • インライン上でのプロセス管理
  • 接触を嫌うサンプル
  • 高温、壊れやすいサンプル など広くご使用になれます。
非破壊

完全非破壊:わずかな温度の違い、それで十分!

レーザを照射してから、サンプル表面での輻射熱の発生時間差から
コーティング / 膜厚測定を行います。
わずか数℃の温度変化なので、サンプルにダメージを
与えることはありません。

リアルタイム

高速測定:長くても数秒!

測定にかかる時間は、本当に短い。 長くても 2~3 秒程度
全く新しい技術で、様々な膜厚を測定することができる、enovasense です。


高速、非接触の膜厚計 “enovasense” であれば、

✔ 放熱中のサンプル(冷却中のサンプル)も
✔ もろく、壊れやすいコーティングも
✔ ライン上で動いているサンプルも
✔ 手の届かないような極小部の領域も
✔ 医療関連やそれに準ずる環境下でのコーティングも


全く新しい膜厚測定のアプローチが可能となります!

enovasense は、これまでの膜厚測定技術を一新します。

従来の方法(反射分光、光学干渉、超音波、渦電流、電磁式、蛍光X線、等)で
測定できなかったほとんどのサンプルは、Enovasense で解決できます。
接触式、破壊(カッティング)で時間と手間をかけていたサンプルの測定は
Enovasense にお任せください。


アプリケーションノートへ 441KB  日本語 Ver.1.1_1911


例えば、こんなサンプルに

  • 金属上の金属メッキ
  • プラスチックの上の金属メッキ
  • ゴム素材上のコーティング
  • セラミックス素材のコーティング
  • 各種アルマイト
  • プラズマ溶射による金属、セラミックス

例えば、こんな業界で

航空業界

自動車産業で

  • エンジンピストン
  • ピストンリング
  • シリンダ
  • ガスケット
  • バンパー など
自動車業界

航空産業で

  • エンジン内の耐摩耗コート
  • ブレード上のコーティング
  • FRP や金属上の塗装 など
金属、コーティング

インフラ業界で

  • パイプ内のコーティング
  • 樹脂上のプラスチックコーティング
  • メッキ類 など

     今後も様々なところで・・・



例えば、こんな素材でも

例1
アルミ部品
例2
建材  
例3
    IH ホットプレート
例4
人口関節
例5
   鍋・フライパン
例6
    エンジンガスケット
例7
 自動車部品
例8
  車体・バンパー
例9
コネクタ
例10
航空機体
例11
   航空機エンジン
 

各種サンプルの測定可否に関しては、お問い合わせください。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。