EARS

光合成計測器 miniPPM

ハンドヘルド光合成計測器(EARS)

光合成計測器 miniPPM


商品概要

Ears 光合成測定器 mini-PPM は、植物葉のクロロフィル蛍光を測定することにより、
植物の生育の指標となる光合成活性をわずか 1 秒以内に非破壊測定することができます。
光エネルギにより励起されたクロロフィル内の電子のエネルギが、どの程度光合成反応に寄与しているかを、
測定することができます。
重量は、わずか 240 グラム、小さなりんご 1 個分。片手で操作でき、野外で使えます。


特 長

  • 1 秒以内の短時間測定
  • 片手ハンドリング可能
  • 簡単操作
  • 明るい場所でも、光合成活性の測定が可能
  • 光合成光曲線、光合成活性の日変化等の長期間モニタリングが可能

商品説明(Mini PPM 300)

商品説明(Mini PPM 300)


本体は、ほぼボールペンサイズの大きさ。本体上に、ディスプレイと操作ボタンが並んでいます。
本体先端部には、測定ウィンドウが配置されています。
本体前方に、青色励起光源があり、測定ウィンドウからクロロフィル蛍光を検出します。

測定は、とても簡単。
メニューから測定項目を選びます。

メニュー



測定したい葉に本体の測定ウィンドウを当てて、本体の測定ボタン 測定ボタン を押すだけ。
青色の励起光が葉に照射され、クロロフィル蛍光を測定します。
励起光を強度変調(PAM 変調)しているので、明るい場所でも測定できます。



測定値は、本体ディスプレイ上に表示され、測定結果をすぐに確認できます。

測定結果



動画をご参照下さい。 電源を入れたら、測定対象の葉に本体を軽く押し当て、測定ボタン 測定ボタン を押すだけ。
本体から青色光が出射したら、測定完了です。ディスプレイに光合成各種項目が表示されます。



光合成計測器 miniPPM-300 クイックマニュアルPDF520KB

測定例(Mini PPM 300)

1.光合成活性の経時変化モニタリング

屋外での光合成活性のモニタリング測定は、カメラの三脚に取り付けて測定します。


光合成活性の経時変化モニタリング


観葉植物の光合成活性の様子を、1日の間(午前5時から午後6時30分)をモニタリングした結果です。
測定は、本体内蔵プログラムにより時刻設定し、自動的に測定できます。


光合成日変化

2.光合成光曲線

光合成光曲線は、植物の成長条件、生育状況評価に有効な指標です。
内蔵プログラムにより、馴化時間を調整すれば、照射光の強度を変えながら光合成光曲線を測定できます。

光合成速度



商品ラインナップと測定項目

モデル Mini PPM 100  Mini PPM 200  Mini PPM 300 
蛍光(ambient light):F 
最大蛍光:Fm 
光合成量子効率
光合成有効放射:PAR   
光合成速度:P  
光合成光曲線:R    
光合成パラメータ経時変化  
光合成光曲線    
  • 農業 (施設園芸・除草剤・収穫)
  • 理科教育
  • 植物生理研究

[参考資料]

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。