AFR

850, 1064, 1310nm
ミニタイプ手動可変アッテネータ(MVOAシリーズ)

850, 1064, 1310nmミニタイプ手動可変アッテネータ(MVOAシリーズ)拡大

ミニタイプ手動可変アッテネータ(MVOA)は、遮光素子を光ビームに
手動で移動させることで動作します。

また、内臓された遮光素子を調整することで、任意の範囲の減衰量を得ることができ、
低挿入損失、高解像度、高安定性、高信頼性を特長としています。

プリエンファシス減衰、トランスミッタパワーコントロール、
インラインパワーイコライゼーション、アンプパワーコントロールなどに
適用されます。

パラメータ
動作中心波長 (λc)  [nm] 850、1064,1310
動作波長範囲  [nm] ±30、±50、±60
最大 WDL, 23 ℃, 最小減衰量  [dB] 1、0.5、0.3
最大 超過損失  [dB] 0.6
最小 減衰量範囲  [dB] ~60(連続)
最小 消光比(PMファイバタイプの場合) [dB] 20
最大 PDL(SMファイバタイプ)、23 ℃、λc、最小減衰量  [dB] 0.05
最大 減衰量範囲でのTDL、λc  [dB/℃] 0.01
最小 リターンロス(SMまたはPMファイバの場合)  [dB] 55
最大 光パワー(連続波)  [mW] 300
動作温度  [℃] 0~70
保存温度  [℃] -40~85
ファイバタイプ HI 780C, HI 1060, SMF-28e+

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るAFR社の製品一覧へ戻る