HOME取扱製品検査・測定機器・センサロックインアンプZurich InstrumentsHDAWG 任意波形発生器

HDAWG-FG 関数発生器

HDAWG-FG 関数発生器

HDAWG-FG 関数発生器オプションでは、HDAWG 任意波形発生器上の定期信号の発生を簡素化およびスピードアップします。

信号周波数、振幅、デューティサイクルおよび波形をデジタル合成 (DDS) テクノロジにより直接、柔軟に制御すると同時に、LabOne UI の専用タブにより、定期波形取得のためのプログラミングの必要性を解消します。


独自機能として、関数発生器信号を AWG 信号出力それぞれで追加および倍増することができることで、DDS を簡素化させる機能と、真の任意波形を柔軟に発生させる機能が併存させることができます。

関数発生器は、HDAWG 上で任意波形発生器を補助および拡張する定期、非正弦信号向けに最適化した信号発生方法を実現します。関数発生器は、その場で調節可能な周波数と位相、およびグラフィックユーザーインターフェイス(GUI)による、矩形、鋸歯状や三角など標準信号の高速設定を特長とします。信号1 区間を表す位相表は、ユーザが自由にプログラミングすることも可能です。疑似乱数発生器では、実際の検査状態のシミュレーションが可能です。

1つの機器で関数発生器 (FG) および AWG を組み合わせることで、信号発生に新しい可能性が生まれます。AWG および FG からの信号は、アナログ領域に変換する前に、デジタル領域で追加または倍増させることができます。下表では、AWG および FG の組み合わせを使用することで、相当な高速化が実現することを表す数例を挙げています。AWG または FG のいずれかのみをこれらの用途に使用することは、膨大な再設定時間を考えると非実用的ですし、また、メモリ制限を考えると単純に不可能です。

組み合わせ 活用例
AWG と FG を追加
  • かなりの期間、検査信号および干渉信号
  • 高速 AWG 補正ランプの発生
AWG と FG の倍増
  • プレディストーション搬送波のある変調信号
  • 高速 AWG 振幅ランプの発生る
AWG と FG とを個別チャンネルにする
  • パルスおよび CW 信号の発生 (例.NMR での飽和信号)
  • 測定信号の発生およびイメージングの走査発生
  • 2.4 GSa/s、16 ビット
  • 正弦、パルス、三角、鋸歯状、ユーザ定義
  • ユーザ定義波形用 4 kSa メモリ
  • ノイズ発生
  • スイープ機能、振幅、周波数、位相
  • 専用 LabOne UI タブ
  • オプションは現場でアップグレード可能
  • 他のすべての HDAWG オプションに対応
  • 電子設計
  • 半導体素子の検査
  • 部品検査

機能系統図

全般事項
関数発生器の数 出力チャンネルとごに1基
波形の形状 正弦、矩形、パルス、三角、鋸歯状、ユーザー定義
ノイズ発生器 疑似乱数ノイズ
メモリ チャンネルごとに4 kSa
垂直分解能 16 ビット
サンプリングレート 2.4 GSa/s
周波数領域特性
周波数分解能 10 µHz
正弦周波数レンジ 0 ~ 750 MHz、最大 0.8 Vpp
0 ~ 400 MHz、最大 3.0 Vpp
0 ~ 300 MHz、最大 5.0 Vpp
変調
変調モード 振幅変調
変調ソース AWG

質問をクリックすると回答がご覧になれます。

関数発生器では AWG 以上にどのようなことが可能ですか?
関数発生器は通常、複雑さの低い定期信号の発生で能力を発揮します。これは、利用可能な信号区間をサンプリングレート、AWG の波形粒度あるいはその波形メモリを制限しないで自由に選択できるためです。
AWG では、関数発生器以上にどのようなことが可能ですか?
波形メモリがずっと大きいため、AWG は、複雑さが高い、あるいは長パルスパターンなど、情報コンテンツが多い信号の発生でより能力を発揮します。
HDAWG の内蔵デジタル発振器は、HDAWG-FG オプションとどのように関連していますか?
デジタル発振器は、関数発生器の周波数基準となります。機器の基本バージョンでは、1基の発振器が、2基の関数発生器の基準となります。
関数発生器の周波数を LabOne AWG シーケンサから変更できますか?
はい。本機のシーケンサは、低レーテンシー (<100 ns) および決定的タイミングで周波数を変更できます。
HDAWG-MF 多周波数 オプションと組み合わせた場合、GDAWG-FG には他にどのような特長がありますか?
関数発生器の数は、HDAWG-MF オプションを据え付けても、付けなくても、同じです。HDAWG-MF オプションの発振器セレクタ機能を使用すると、各関数発生器の周波数基準を、複数の発振器から自由に選択することができます。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るZI社のHDAWG 任意波形発生器へ戻る