HOME取扱製品検査・測定機器・センサ光ファイバ測定機器・光源SUMIX

干渉型
3D光ファイバコネクタ端面測定システム

光ファイバコネクタ表面検査装置 3D顕微鏡干渉計

SMXシリーズ

SUMIX(米国)の干渉型3D光ファイバコネクタ端面測定システムは様々な領域とユーザー定義の評価基準に応じて、光ファイバの3Dかすり傷を3Dで検出することができます。

端面の測定値の表示、イメージング化はもちろん、研磨されたコネクタ端面のフェルール半径の湾曲、つや出しの頂点オフセット、頂点オフセット角、ファイバ突出/下方切り込みなどの表面情報を特長付けることが可能です。

特長

  • 特注で設計されたオプティクス、カメラ、電気系、そして異なるオペレーショ ン・デバイスで再現性を実現するピエゾ位相シフトとステッパーモータシステムを搭載した精密かつ頑丈なデ ザイン
  • 精密ホルダにより、煩わしいポジショニングとフォーカスの必要なし
  • フェルールと光ファイバ間のあそびのような極小特徴の検査、コネクタ端面部の不良/欠陥検出する、メガピクセルデジタルカメラ搭載
  • 最大5mmの視野なので、1回のスキャニングでMTコネクタのテストが可能。複数回のスキャニングによる切り貼りのエラーをなくします。
  • USB2.0に対応し、バッテリを内蔵(SMX-QS04)

端面検査用干渉計 ラインアップ

スペック一覧表

モデル SMX-
QS04-B
SMX-
7QS
SMX-
7QS-T
SMX-
8QM-B
SMX-
8QM
コネクタ
タイプ
単心ファイバ
コネクタ
単心ファイバ コネクタ
MT-RJ
単心、多心ファイバ
コネクタ
多心ファイバ
コネクタ
ST, FC, SC
(PC and APC)
MU, LC
(PC and APC)
 
E2000
(PC and APC)
MIL-ST (M83522/16,
MIL-C-83522)
M29504/14
(MIL-PRF-
29504/14)
SMA 905
MT-RJ
(PC and APC)
MT
(PC and APC)
MTP/MPO
(PC and APC)
           
分解能 0.53 µm 1.1 µm 1.3 µm 1.4 µm 2.2 µm
測定時間 3.5~21 sec (PC) 5~6 sec (PC) 0.9~2 sec (PC) 0.9~3 sec (MT12)
14~30 sec (PC)
6.7~16 sec (MT12)
フォーカス auto manual and short range auto
アプリケー
ション
研究用 製造用
視野エリア d=0.4 mm d=0.85 mm d=1 mm 3.5×
1.8 mm
5.2×
3.8 mm
測定モード phase shift phase shift and white light qhite light
最大 イメージ
サイズ[px]
2590× 1940 1280× 1024 2590× 1940
電源 external;built-in battery external (two USB2.0 cables)
重量 [kg] 3.7 2.2 2.3
外形寸法[mm]
(H×W×L)
110 × 145 × 240 93 × 130 × 150 92 × 128 × 170

- yes (recommended)  - yes (acceptable)  ○ - no

** Measurement time doesn't include time for Auto Focus. Measurement time may vary depending on computer performance and connector end face shape.

データシート

関連製品


製品一覧へ戻るSUMIX社の製品一覧へ戻る