HOME取扱製品ファイバコンポーネント光ファイバ応用部品Phoenix Photonics

可変モードカプラ

可変モードカプラ

フューモードファイバ伝送の実験にご利用いただける波長可変、結合比可変のモード結合デバイスです。

ファイバに応力を加えてLong Period Grating (LPG) を作製し2つのモードの結合を行います。

  • LP01とLP11との結合
  • 中心波長を調節して結合
  • カスタムファイバ設計
  • 高アイソレーション
  • LP01とLP11とのモード変換
  • モード分割多重
  • 2モードファイバデバイスの検査
  • 2モードファイバセンサ
単位
中心波長 nm 1520 ~ 1620
中心波長可変範囲 % 3
バンド幅 (3dB)   nm  5nm to 30nm (結合点の数に依存)
挿入損失 dB < 0.5 
アイソレーション(最大)
(出力モード/入力モード)     
dB 30
反射減衰量* dB > 60
動作温度範囲 0 to 50
保存温度範囲 -40 to +85
*コネクタ損失除く

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るPhoenix Photonics社の製品一覧へ戻る