HOME取扱製品検査・測定機器・センサビームプロファイラOPHIR OPTRONICS

BeamWatch® AM
ビームウォッチ AMNEW

ビームプロファイリングシステム
(アディティブマニュファクチャリング向け)

BeamWatch® AM ビームウォッチ AM拡大

BeamWatch AM ビームウォッチ AM は、
レーザを使用したアディティブマニュファクチャリング、または 3D プリンタシステム用の
重要なレーザビームパラメータを測定する為に
設計されました。

BeamWatch AM ビームウォッチ AM は、
カメラの視野(FOV)内のビーム集光曲線に沿った複数のプロファイルの同時計測が可能です。
リアルタイム測定では各ビデオレートで
以下の値を測定します:

  • ウエスト(集光スポット)幅と位置
  • 焦点シフト
  • 重心
  • M2 または K
  • 拡がり角
  • BPP
  • レイリー長
  • 平均パワー

リアルタイム計測している為、レーザ始動時からの焦点シフトの計測が可能です。
BeamWatch AM ビームウォッチ AM 測定技術は、ビームが媒体を通って伝播する際に
発生する空気中の酸素および窒素分子によるレーザ光のレイリー散乱に基づいています。
この散乱光の測定は、観察する視野方向のレーザビームの状態を、
スリットスキャンと同等の計測結果で表示させます。
散乱光は、従来の CCD カメラおよび画像キャプチャシステムを使用して測定されます。
BeamWatch AM ビームウォッチ AM には、ビーム空間測定に必要な CCD カメラと、
NIST トレーサブルのパワーセンサが搭載されており、レーザパワー密度の解析が可能となります。

カメラは同時にリアルタイムでビームの近/焦点/遠視野を含むビーム集光曲線を表示します。
この測定技術には、ISO 11146 規格に準拠した伝搬測定およびM2測定が含まれています。
さらに、すべての測定がリアルタイムで行われるため、起動直後に発生する
フォーカルシフトの計測を可能にしています。

波長 1060 ~ 1080 nm
最小集光スポット径 50 µm
パワーレンジ 30 ~ 1000 W
パワー密度 1.5 MW / CM² (50 µm @ 30 W)
ビームプロファイリング ISO11146 準拠
パワーメータ NIST トレーサブル校正 ± 3%
カタログ

マニュアル

外形寸法図拡大

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻る OPHIR社のレーザ計測機器一覧へ戻る